ブログ(2022年上半期分)

サイト管理人のブログです。

ブログは毎日ではありませんが、1週間に何度か更新しています。

更新日 2022年1月7日 9:10

ブログは【リンクの一覧】の下にあります

 

【リンクの一覧】

メインのURL

http://cafe2016.webcrow.jp/

 

写真有のページ

http://kotorin2019.starfree.jp/

 

過去のブログ

http://samanjyo2017.starfree.jp/

URLアドレスを変更しました

 

2016年からのテキストのみのページ

http://samanjyo2021.starfree.jp/

URLアドレスを変更しました

 

【ブログ】

 

護符

2022年1月6日 牛玉宝印(ごおうほういん)

昔から1月7日は「初祈禱・おこない」が広瀬地区の行事として行われているが、最近は近くの日曜日におこなわれている。 この日は神事(熊野神社)と仏事(隣にある西迎寺)の両方でおこなわれる。 ことしは宮年預で年4回の行事の準備をおこなうことになった。 1月7日は山の神もあるが私も含め行く人は減った。 山の神は「くらたて」とも言って、もちばな・かしのきなどに藁の袋(ほうでん:男子の数だけ小石を中に入れる、なんとなく怪しい感じである)をつけて山の神にお供えをする。 家に帰ってきて蔵を開けて福を向かい入れる。 さて、牛玉宝印であるが熊野三山の熊野牛玉符が有名である。 ややこしいが広瀬の熊野神社は熊野三山とは関係がない(出雲の熊野大社と関係がある)。 何に使うかというと護符として、苗代の田圃にウルシの木に刺して立てていた。 災難除けである。 今は神事に使うだけで1本を準備する。 この芋版みたいなのはベンガラを湯でといて押印する。 当日は天地東西南北とそれぞれの方角に向かって唱えたあと、参加者のおでこにも押す。 昨日は、お供え物を買いに行ったが、気に入ったものが中々ないので苦労をした。 リンゴは不作で高いし、小ぶりが多い。 昆布は横幅の広いのが欲しい。 海苔は有明産のそれなりのものが欲しい。 サバは1000円ぐらいの大きいのが欲しい。 それなりの買い物になった。 ただし、全部自腹です。 ダイコンは家にあるので大丈夫である。

2022年1月7日



七草がゆ

1月7日の朝は、七草がゆを食べるというのが行事であるが、七草を揃えるのも一苦労である。 昨日はぎゅーとらで七草がゆセットをみたが、2人前約400円ぐらいで売っていた。 カブは白いのと赤いのが入っていた。 春の七草は次のとおりである。 「せり・なずな・ごぎょう・はこべ・ほとけのざ・すずな・すずしろ」である。 体にはいいが、おいしい物でもないのでダイコンと関係ないが白菜だけでおかゆにした。 柚子が残っているので、刻んで入れたらあっさりしていておいしかった。 一般的な七草がゆもあるが、鶏ガラスープを入れて中華味の七草がゆにすると食べやすいかもしれません。 次に植物の説明をします。 せり:水辺にいけば割とあるのですぐわかる。 山ぜりと田ぜりがあって、山ぜりのほうが香りがよく癖がない。 根元が赤いので、似ている毒ぜりとは区別がつく。 キンポウゲ等もあり、山菜を知らない人は気を付けよう。 田ぜりは田圃へ行けばよく見かけます。 苦いです。 なずな:ぺんぺん草とも言って野原や畑では普通に見かける。 ごぎょう:母子草ともいう。 葉はうっすらと毛が生えていて触るとフワフワで気持ちがいい。  草餅に使われていたそうで、風邪予防になる。 はこべら:ビタミンAが豊富で、腹痛の薬になった。 繁殖力が強いので畑に生えたら苦労をする。  ほとけのざ:勘違いをするのが雑草のホトケノザ(シソ科)です。 食用にはなりませんので間違ってシソ科のホトケノザを食べないようにしましょう。 なじみが少ないのですがコオニタビラコというキク科の植物です。 タンポポににていて、植物繊維が豊富である。 すずな:カブのことで、ビタミンが豊富である。 すずしろ:ダイコンのことで、消化を助け、風邪の予防にもなった。

2022年1月7日



初詣

年も変わり、3ヶ日も過ぎた。 今は落ち着ているが、新型コロナウイルスの今後が心配である。 ことしも初詣は近くの熊野神社だけにした。 オミクロンとはギリシャ文字のΟであるが、順番でいうと15番目になる。 使わない文字もあるようで、クサイとニューは使わなかったようである。 人の名前に使われていて外したようである。 Xi(シー)とも読み、中国では「周」になる。 習近平主席に遠慮したのではないかといわれている。 最後はオメガが24番目になる。 使い切ったらどうなるか?

2022年1月5日



Air quality in Japan

https://www.iqair.com/japan

私たちは大気の汚染をあまり気にせず当たり前のように思っているが、世界で見ると日本は普通かそれ以上に大気がきれいなようだ。 上にURLを貼っておいたので世界の様子を見ることができる。 大きくすれば、日本の都市もわかる。 近くの南山城村は緑色で良い、名張市は黄色で普通である。 山添村は観測されていないので不明である。 リアルタイムで大気汚染の状態がわかる。 大きく見ると日本は緑色で良い、中国は赤と紫で大気が汚染されているのがよくわかる。

2022年1月3日





LINEのセキュリティ

初期設定のままではセキュリティが守られていない。 アプリの更新をおこなうと元に戻る場合があるので時々チェックをしたほうがよい。 何もしなければ無防備になっています。 そのままではLINEで情報収集がおこなわれている。 他端末からスマホの情報を見ることができる。 こういうこともあって、LINEを使っていません。  以下の確認が必要である。 設定(右上の歯車) ①メッセージの暗号化 プライバシー管理 → Letter Sealing オンになっているか(レがオン)。 友だち → ②友だち追加設定を変更 友だち自動追加 オフにする。 友だちへの追加を許可 オフにする。 ③情報提供をオフ プライバシー管理 → 情報の提供 コミュニケーション関連情報 オフにする。 位置情報の取得を許可  オフにする。 ④アプリからの情報アクセスをオフ プライバシー管理 → アプリからの情報アクセス 「常に許可」になっているので「拒否」に変更  ⑤他端末でのログイン許可をオフ(アカウントの乗っ取りを防ぐ)  アカウント → ログイン許可をオフにする 

2022年1月3日



+メッセージ

メッセージのやり取りには「LINE」が多いと思われるが、私はショートメールの「SMS」を使っている。 本人確認で電話番号を使っている「+メッセージ」を試しに使ってみた。 2台のスマホがあるとこんな時に便利である。 写真も送れてサーバーも日本にあり安全な「+メッセージ」ならば、使えそうだ。 ドコモ ソフトバンク AU であれば使えるそうである。 操作手順もパソコンで作って自分宛てにメールを送ったので、スマホのoutlookで操作手順を確認することができる。

2022年1月3日



テレビ

昨年の12月7日にドン・キホーテからチューナーを内蔵しないテレビが発表された。 地上波は見られないが、OSとしてアンドロイドが入っているのでネット配信を見ることができる。 中心はYouTubeである。 価格が2万円台からあるので、話題になっている。 24型が約2万円。 42型で約3万円。 50型が約5万円。 家庭用ビデオゲームにテレビを使っているときは放送を見ていないので、こういうテレビもありである。 私などのパソコン中心の人間にはモニターだけでいいのでOSは不要である。 アンドロイドOSは2021年10月現在・バージョン12であるが、アンドロイドテレビのOSはバージョン9である。 アップデートは不可能なようだ。 YouTubeで見てみるとスピーカーの音は少し悪いので気になれば外付けのスピーカーを準備すればいい。 映像は問題ない。 マウス接続はできるが、「戻る」の機能が使えない。 キーボード接続も可能である。 ただし日本語入力はできない。 操作の中心はリモコンである。 パソコンの代わりにはならない。 大きなスマホと考えれば安い。 TCLからも43インチ・アンドロイドテレビ(39800円)が発売されている。 地上波を見たければチューナーをつければよい。 

2022年1月3日

 

押すとトップページに移動します

過去のブログ

http://samanjyo2017.starfree.jp/

URLアドレスを変更しました