ブログ(2021年下半期分)

サイト管理人のブログです。

ブログは毎日ではありませんが、1週間に何度か更新しています。

更新日 2022年1月7日 9:40

ブログは【リンクの一覧】の下にあります

 

【リンクの一覧】

メインのURL

http://cafe2016.webcrow.jp/

 

写真有のページ

http://kotorin2019.starfree.jp/

 

過去のブログ

http://samanjyo2017.starfree.jp/

URLアドレスを変更しました

 

2016年からのテキストのみのページ

http://samanjyo2021.starfree.jp/

URLアドレスを変更しました

 

【ブログ】

南天

自宅の庭の南天 2020年11月10日

 

鶴橋の焼肉店「空」 火事

鶴橋 駅と反対の方角 突き当りが「鶴一の別館」 右へ行くと千日前通りの下味原の交差点

鶴橋  駅の方角 突き当りを右へ行くと鶴橋駅 この店の反対側の「空」

昨日の午後8時半頃 鶴橋駅の近くで火災が発生した。 写真ではパチンコ屋の隣の「空」である。 報道では「空」のことばかり言っているが。隣の一戸建ても全焼しているようである。 ここの人(Kさん)は先月に亡くなっていて今は空き家だそうであった。  ここの前を通るといつも煙でかすんでいる。 密集していていざというときは危ないところである。

2021年12月31日



LINE

iPhoneのメールアドレスを変更したら、LINEが消えてしまった。 iPhoneのメールアドレスをなぜ変更するのかというとApple ID が本名で出てくるのでプライバシーがバレバレになる。 無料Wi-Fiを使っていたら、無防備そのものである。 LINEのサーバーが韓国にあるので、なおさら心配になる。 キャリアメールは確実に届くが迷惑メールも多く届くので安心できない。 キャリアメールをGoogleアカウントなどに変更をするのを私はお勧めする。 まったく迷惑メールが届かなくなりました。   メールアドレスが〇〇@i.softbank.jpでドコモに機種を変更をして不便に感じていた。 一番の理由はキャリアのメールアドレスよりもグーグルのメールアドレスを使ったほうが、機種変更をしても余計な手間がないことである。 それと迷惑メールに困っていた。 ahamoではキャリアメールを使えないのである。 2021年12月より開始したキャリアメールの持ち運びサービスを利用すれば継続も可能だそうである。 会員サービスの登録アドレスにキャリアメールを使うと別のアドレスに変更が必要になる。 これが結構面倒で、随分手間であった。  LINEはほとんど使わないので気にならないが、どうしても必要になった時のために連絡用に登録をしている。 Googleアカウントを使うとパソコンでも操作が出来るので便利である。  前のアカウントを忘れたので新規登録にした。 友だちは自動的に追加しているので、連絡を拒否をしているのもあるので直ぐに拒否にしたのもある。 中には、最近亡くなられた方のアカウントがあった。 先日の死後のアカウントの管理をどうするかという問題である。

2021年12月31日 



熊野神社のしめ縄の準備

昨日は、隣の兄ちゃん(息子)としめ縄の準備で近くの山へ行っています。 前回は別の先輩と行きましたが、今回は私が年上なので先導しました。 しめ縄は6尺を準備しています。 ほとんどが短いので、12月の早いうちに買わないと売り切れています。  午前中に無事完了をしています。 約15年に1回なので次の当番は82歳になっています。 生きていますやら?

2021年12月31日



年末の買い物

昨日は年末年始の食料品と日用品を買いに行きました。 銀行の通帳記入もあります。 銀行口座は二つあれば十分ですが、6行あります。 JAと郵貯ぐらいで良いのかもしれません。 さて、買い物ですが先ずは掃除用具です。 ホワイトボードが汚れていましたのでこれはエタノールを使えばよいので無水エタノールか消毒用のエタノールになります。 無水エタノール500mℓで1400円ぐらい。 消毒用エタノール500mℓで800円ぐらいです。 違いは濃度です。 無水エタノールが約99%、消毒用エタノールが約76~82%です。 消毒用には水で薄めないと効果が無いそうです。 消毒用エタノールを使ってみてきれいに消すことができました。 頑固であれば無水エタノールを使う予定でした。 スプレーで500円ぐらい(180mℓ)のホワイトボードクリーナーをホームセンターでみましたが、薬局で消毒用エタノール500mℓを買ったほうがお得なような気がします。 ホワイトボードクリーナーの成分は主にエタノールです。 次にピーラーが切れにくくなっていましたので専用のシャープナーを買いました。 あったら便利でついつい買ってしまいます。 包丁もペティナイフはあるのですが、三徳包丁よりも少し小さいのが欲しかったのでこれも買いました。 使っていて切れにくかったら研げばいいのですが、もう一本で切れ味を確認したい。 変なこだわりがあるのです。 ボトルの掃除は柄のついたスポンジが必要です。 よく見ると中性洗剤を使ってくださいと書かれています。 次亜塩素酸ナトリウムを使ってはいけません。 セスキ炭酸ソーダは使ったことがありませんが、何に使うのでしょうか?  成分は重曹と炭酸ナトリウムです。 油汚れに効果があります。 シンクの汚れは研磨効果のある重曹がよさそうです。 セスキ炭酸ソーダは衣類の染み抜きに効果があります。 ゴミ箱の消臭にも使えて結構使い道があります。  換気扇やコンロの掃除に使えそうなので、早速買いに行きます。 弱アルカリ性なので注意が必要です。  ゴム手袋も買いました。 昨日は食料品を買いながら、人の多さにため息をつきたくなりました。 それでもお店を4軒回りました。 お菓子を買い忘れています。 商品の品数は昨日がピークのようです。 特に鮮魚関係は昨日のほうが種類と品数が多いようです。 一人だというのに爆買いをしてしまいました。 久しぶりに2台の冷蔵庫に収まっています。 カップ麺をたくさん買っている人がいました。 便利だけど、どん兵衛とUFOばかりでは飽きてしまいそう。 生のそばが8割と5割がありました。 いつもは買わない8割にしました。 かまぼこが大量に並んでいますが、正月用の高いかまぼこばかりが並んでいます。 1本500円ぐらいしますので、別の店で昔ながらの200円前後のかまぼこを買いました。 材料も違うのかもしれませんが、芯に絵柄が入っています。 昔は棒鱈を買いましたが、少しだけあればいいので小さいお節セットを買いました。 田つくり・煮豆・レンコン・昆布巻きがあればいい。 人参は種まきに失敗したので買っています。 ダイコンと白菜は自家栽培で買う必要はありません。 午前中に買い物を済ませて昼からはお料理になります。 ドン・キホーテのレジはいつもの3倍以上に並んでいました。 とれたて市ひぞっこへお米を買う予定もありましたが、伊賀市までこれだけのために行くのも無駄なのでドン・キホーテで済ませました。

2021年12月31日



流恋草(はぐれそう)

ネットのニュースに「他人を許せない人の脳」という記事があった。 インターネットやSNSなどで、炎上や誹謗中傷のニュースを多く見受けられる。 そこで出てくる言葉が「許せない」である。 当人の関係者であれば別であるが、関係のない人間が叩きのめすような言葉をはくわけである。 本来あるはずの自制心・思いやり・共感性などが飛んでしまうわけである。 私ぐらいの高齢者になると何でも許してしまいます。 その前に余計なことを言わないのがよさそうです。 そこで、「あなたを許せない」という歌詞の歌を思い出しました。 ちょっとこれとは意味が違う失恋の歌のようです。 寒い冬にひとりで住んでいるとお酒が欲しくなりますが、辛いことはありません。 人に煩わされることがなく時間に縛られずのんびりとひとり暮らしもいいものです。 高齢者になるとあと何年元気でいられるだろうかと思うぐらいです。 香西かおりの歌に「流恋草」がありました。 YouTubeで見ています。

流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない 星もみえない この街で あなたしかない私
ああ・・・ お酒ください ああ・・・寒い胸に
涙が凍る 心が燃える あなたが欲しい ひとりが辛い こんな夜は あなたを許せない
雨の小道に散る花に この世のはかなさ知りました ひとつ拾って手に乗せりゃ 悲しみがこぼれます
ああ・・・ 抱いてください ああ・・・寒い胸を
ほおづえつけば 流れる涙 あなたが欲しい 春まだ遠いこの街で ひとりじゃ 暮らせない
ああ・・・ お酒ください ああ・・・寒い胸に
涙が凍る心が燃える あなたが欲しい ひとりが辛いこんな夜は あなたを許せない

2021年12月30日



北条義時

来年の大河ドラマは「鎌倉殿の13人」で北条義時が主人公となる。 北条義時は鎌倉幕府2代執権である。 源頼朝の死後、13人の合議制となる。 北条時政・北条義時・大江広元・三善康信・中原親能・三浦義澄・八田知家・和田義盛・比企能員・安達盛長・梶原景時・二階堂行政・足立遠元がメンバーである。 ここから「仁義なき戦い」が続き、最後は北条義時が最高権力を握ることになる。 本屋の店頭にはずらりと関連の本が並んでいたが、個人的には鎌倉時代の武士には興味がない。 承久の乱あたりは見たい気もする。 吾妻鏡が元になっていて、嘘や謎が多いと昔に聞いたことがある。 三谷幸喜が史実とは違って面白く脚本を書いてくれると思います。

2021年12月29日



仕事納め

官公庁では12月29日~1月3日までを休日とするように法律で定められている。 昨日は、用事があったのでブックカフェへ行ってみた。 郵便受けに奈良県コロナ対策室より書類が足りないという郵便が届いていた。 申請には見積書・請求書・領収書のコピーが必要ということで、請求書が足りなかった。 案内文書には年内に送ってくださいと書かれていた。 郵便が届いたのは昨日の午後です。 こちらのミスですが、年内ということは28日までということです。 再度、請求書を発行してもらってFAXしました。 いつも思うことですが、電子メールにならないものか?  N-1グランプリの表彰式の案内に参加する場合はFAXでメールアドレスを記入して送ってくださいと書かれていた。 メールアドレスを教えてくれば簡単に送れるのですが。。。 FAXの心配は原稿が裏になっていないか、きちんと届いたか心配になる。 心配になったので電話で確認をした。 電子メールは失敗すればメッセージが表示されるので判断がつくので安心である。 CCかBCCをすれば、他のメールアドレスで確認ができる。 たまたまFAXが使えるようにしてあるので良かったがなかったら苦労である。 まだまだFAXのようなアナログ通信が続きそうである。

2021年12月29日



シジュウカラ

シジュウカラ 2021年12月27日

自宅の庭にシジュウカラがやってきました。 ツッピン ツッピン となくのですぐにわかります。  珍しいわけではありませんが、こういう時に望遠レンズがそばにないのでスマホで撮影しています。 カメラを持ってくるころにはいなくなるので、窓越しに眺めています。 すぐわかるのは3羽ぐらいですが、10羽ぐらいの団体さんで来ていました。 

2021年12月28日



日の出・日の入時刻

冬至は1年で一番夜が長いが、日の出の時刻は、というと遅いわけではなさそうである。 昔なら理科年表をみていたが、ネットで時刻を直ぐ調べることができる。 以下は奈良市内である。  冬至の12/22の日の出時刻は7時00分、日の入時刻16時51分。  きょう・12/28の日の出時刻は7時3分、日の入時刻16時54分。 日の出の時刻は1月14日までが7時4分で以降は段々早くなってくる。  日の入りは11月28日~12月12日が16時46分で冬至よりも早く日が暮れている。 因みに参考に見ているのは国立天文台の暦計算室→各地のこよみである。 二十四節気を計算しているのがここである。 あらかじめ計算はできるが春分の日・秋分の日は国立天文台が発表をしないと決められないのである。 カレンダーの印刷となると9月ごろには始まっている。 大きなカレンダーをもらうこともなくなったのでパソコンで印刷するか、スマホで見るかのどちらかである。 日めくりは最近見ないが大手の印刷会社ではなく専門の会社が作っているようである。 スマホには「scCalendar」「今日の暦」を入れている。  お店用には100円で簡単なカレンダーを買ってきた。 書き込みができるスペースが必要である。 お店の出入り口には日程表のホワイトボードも用意している。  最近のカレンダーは二十四節気や雑節まで記入されていない。 戸惑うのは月曜日から始まるカレンダーである。 週休二日が当たり前になった今は土日が週末のような気分になる。 ISO(国際的な標準化機構)の勧告で「週の始まりは月曜日」となっているから、これに従っているカレンダーが月曜日始まりのカレンダーである。 年内の営業は昨日で終わり、今日は掃除をして1月10日より営業をする。 

2021年12月28日



初雪

今日は積もるかと思わせる雪が山添村広瀬で降りました。 夜の9時現在では天気予報と違って雪は降っていません。 この冬一番の寒さで公衆トイレの男子用のバルブを閉めてきました。 多目的トイレは大丈夫です。 寒い冬に家の中にこもるとついついテレビをダラダラと見がちですが、万葉集を取り出して読んでいるところです。 万葉集には雪を詠んだ歌が150首以上もあります。 有名なのは巻第三・三一八 山部宿禰赤人の「田児の浦ゆうち出てみれば・・・」ですが、違う歌を味わってみます。  巻第二十・四四八八 三形王「み雪降る冬は今日のみ鶯の鳴かむ春へは明日にしあるらし」 意味は次の通りです。 雪の降る冬は今日まで。鶯がなく春は明日からでしょう。 天平宝字1年(西暦757年1月31日)12月18日に三形王の家で催された宴の時に詠まれた歌です。 この日は、立春の前日になります。 実際に鶯が鳴くのはまだまだ先です。 三形王は772年に無位より従五位下に叙せられ、779年に従四位下に昇ったが、782年に日向介に左遷される。 氷上真人川継の乱に関連していると思われる。 桓武天皇を呪い殺す呪法を行った罪で任国配流に処せられる。 以後の消息は不明。

2021年12月26日



創味シャンタンDXとウェイパーの違い

創味食品が製造し、廣記商行が販売していた商品が「ウェイパー」であった。 のちに「味覇」として販売された中華調味料である。 勘違いをしていて、今使っているのは赤い缶の「味覇(ウェイパー)」であるが製造が変わっているので、昔の「ウェイパー」の味は白い缶の創味シャンタンDXになる。 2015年4月からなので、「ウェイパー」に慣れている。 新ウェイパーは廣記商行にレシピが教えられていないのでまったく新しい味になっているようである。 ウェイーパーというブランド名で買い続けているので味が変わっても気にしていませんが、創味シャンタンDXの味は興味があります。 味の比較ではシャンタンの方が上品・胡椒が効いている。 ウェイパーはうまみが強い、塩味が濃いという意見がネットの意見にある。 チューブ入りは全く別物のようです。 焼きめし・野菜炒め・ラーメンに少し入れるだけで美味しくなるので使っている。 中華生めんでスープがないときは中華調味料は簡単で助かる。

2021年12月25日



ユズ酒

今年はユズがたくさんとれたので、知り合いや親戚にもあげたが、まだ大量に残っている。 昨日は、8ℓの瓶にユズ酒を作ってみた。 レシピよりもかなりユズが多い目に入れてある。 氷砂糖を1kg・ホワイトリカーを3600CC、あとは柚子が瓶に入るだけ入れてみた。 白い皮を剥かずに4等分して入れたので、おそらく苦いと思う。 1か月後に味を見て実は取り出したほうがよさそうである。 飲むのは3か月後である。 まだ、残っているので次は丁寧に白い皮を剥いてから作る予定である。 外果皮は砂糖漬けにしてピールに、身はジャムにしてもいい。 ところで、ギンバイカの果実酒は12月5日に作っているが年明け早々に味を見てみようと思う。 こちらもホワイトリカーを2本使った。 ただし、氷砂糖は2kg使っている。 ほとんどレシピを無視している。  土蔵の中は梅干しと果実酒だらけになっている。 また、値段のことを書くが柚子1kgは1500円はするようである。 2ℓ瓶で柚子が500gである。 500g×4で2000gの柚子である。 ホワイトリカーは3600ccで900ccの4倍で間違いない。 氷砂糖は300g×4で1200gで少なめである。

2021年12月25日



ニギス(メギス)

この間、伊勢に行ったときにおはらい町でメギスの干物を買ってきた。 おかげ横丁はこの中の一角である。 干物しか興味がなかったので赤福も行かずに戻ってきた。 赤福餅は近鉄沿線であれば大阪・奈良・京都でも売っている。 名阪の針テラスにもあるぐらいである。 針テラスは土産物を買い忘れたときに便利なようである。 干物は塩が効いたものが多いが、これはあっさりとしていた。 ちょっと塩をふるか、ポン酢で食べたらよさそうだ。 ユズが残っているのでユズも使いたい。 メギスは正しくはニギスというそうである。 名前も形もキスに似ているがまったく別物である。 さんまの丸干しを探していたが、さんまがとれないので作っていないそうであった。 このサンマは油が落ちたやせたサンマでないと加工ができない。 アジの干物も買ったが金目鯛も買うと3000円にしますと店の人はいうが、いらないので断った。

2021年12月24日



キムチ チャーハン

忙しい時に簡単に作れて後片付けが楽なのが「チャーハン」である。 レシピまでは見なかったが、材料はご飯・塩コショウ・たまご・ごま油・ウィンナー・キムチである。 あとは調味料に創味シャンタンを使っている。 オイスターソース・コチュジャンがあるとなおよさそうである。 レシピを探すと結構人気があって、卵を目玉焼きにする物もある。 ご飯が残ったときに便利である。 昨年まではご飯が余ったら雑炊にしていた。 キムチも酸味が出てきても使えるのでいい。  

2021年12月24日

 

クリスマス

早くからスーパーなどのお店では飾りつけもされ音楽も季節の曲が流れている。 クリスマスはイエス・キリストの誕生日ではなく、誕生をお祝いをする日だそうである。 昨日は1日早いが、生ハムとローストビーフを買ってきて日本酒を味わってみた。 鶏肉は苦手なので使わない。 付き合いで唐揚げがあるときは一個で十分である。 苦手なものは丸のみして酒かビールを流し込んでいる。 水っぽい鶏肉が特に苦手である。 たれか胡椒で舌をごまかさないと無理である。 焼き鳥も串1本で十分である。 先日、知り合い4人で竹灯りを見に行ったが、帰りは鶏肉専門店であった。 野菜とウィンナーを食べていた。 シメは塩ラーメンであったが、ここにもキチンとチキンが入っていた。 一人住まいの私は年末年始のことしか頭にない。 ことしもあと1週間となり、下水道組合の引継ぎ、神社のしめ縄・門松・牛玉宝印の護符の準備もある。 食品売り場ではいつもと違い、数の子・棒鱈・かに・エビなどが多く並んでいる。 カニはいつもよりも高いので値段を見るだけで買うつもりはない。 驚いたのはナマコである。 一匹が1900円であった。 これもあきらめた。 昔なら年末に散髪に行ったが、12月の初めに行っているのでどうしようか迷っている。 ブックカフェは12月28日~1月9日は休みにする。 あすの25日はお店では知り合いだけで忘年会をする。 気になるのは野菜の値段でキャベツが100円前後から30円ほどあがっている。 ダイコンは1本150円でいつもの値段であろうか。 白菜が1/4カット・98円で売っていた。 全般的に葉っぱものの野菜があがっているような気がする。 長ネギは植えていないが鍋物に使う野菜は畑にある。 ごぼうも掘ってみようと思う。

2021年12月24日

 

冬至祭

12月22日は冬至祭があった。 神事としておこなっているのは珍しいかもしれない。 北欧のユールと似ていて、おそらくは衰えた太陽の力の復活を祈るのである。 昔は地区の行事であったが、今は老人講が代わりにおこなっている。 拝殿では東向きに祭壇を作りお供え物をする。 長老が神主となって、全員が大祓を唱える。 そのあとは直会となる。 一人用の鍋物となっている。 時代とともに変わっていて段々簡略化をされている。 いまは午前9時に始まっているが、日の出前に昔は集まっていて、日の出とともに大祓を唱えていたようである。 直会も地元でとれた野菜ですき焼きをやっていたそうである。 豆の煮物・里芋の煮物などの料理を当屋が準備をしていて女性は苦労だっただろうと思う。 いまは仕出し屋に任せている。 集まって飲食をするのが楽しみであったのだろう。  夏は農作業が忙しいので行事は秋から冬に多い。 いずれの神事も農事に関係している。

2021年12月24日

 

ヒノナとユズ

今年はユズの実が多くなったので、親戚に持って行った。 ヒノナが思った以上に育ったので間引きも兼ねて引いた。 これも一緒に渡してきた。 いつもは買っているそうなので、喜んでいた。 夏野菜は失敗が多かったが、冬野菜は天候に恵まれてうまくいっている。 種まきは何回かに分けて蒔くのも効果があった。 タマネギは意外と難しい。 肥料は多すぎてはベト病にかかるし、少ないと育ちが悪い。 草引きも大事である。 肥料が足りないのか生育が悪そうである。

2021年12月21日

 

ios 15.2

i-PhoneのOSが2021年12月14日にアップデート・リリースされている。 i-Phone13の関連、Apple ID, その他バグ修正、プライバシー、機能向上などがおこなわれている。 15.1から15.2なのでアップデートしたほうがよさそうである。 今のところトラブルはなさそうである。 いつものことであるがアップデート後の1週間はバッテリーの減りが早い。 Wi-Fiがないとアップデートはできない。 ルーターのそばでアップデートをすれば問題ないが、中継器のそばで使っているのでイマイチ調子が悪い。 途中で止まると面倒なのでiTunes経由でアップデートをおこなっている。 バックアップも出来るので安心である。 Apple IDというのは、デジタル遺産機能により、死後のiCloudアカウントと個人情報にアクセスできる人を故人アカウント管理連絡先として指定ができる。 Googleであれば逆に死後に自動削除ができる。 死後のデータの管理を考えている人は少ない。 私も死後のデータ管理を考えたことがない。 スマホのパスワードは家族にわかるようにしておいたほうがよさそうだ。 後に残ったものが整理するときに苦労をする。 若くても明日のことは誰もわからない。

2021年12月21日

 

伊賀市島ヶ原 竹灯りの宴

2021年12月18日 鸕宮神社(うのみやじんじゃ) 鸕(ロ)は鵜(訓読み:ウ)のことですが、鵜(音読み:テイ)は元々中国ではペリカンだそうです。 ということで、ウは本来の字が鸕(ロ)になるそうです。 これが正しい字になるわけです。 難しい名前の神社の読み方は大変です。

2021年12月18日

2021年12月18日

2021年12月18日

2021年12月18日

12月18日は伊賀市島ヶ原の「竹灯りの宴」に行ってきました。 山添村広瀬からは自動車で約30分です。 毎年おこなわれているようですが、新型コロナウイルスの影響で時期をずらしたようです。 当日は会場近くの「鸕宮神社(うのみやじんじゃ)」でお神輿のお渡りがあるようです。 日本で一番遅い秋祭りと書かれています。 もう、冬ですが。。。。 階段を降りたところに御旅所がありました。 駐車場には、お神輿がトラックの荷台にのっていました。 階段は125段ありました。 夕方には社殿にお神輿が移動していました。 三重県に多いのですが、ここも多くの神様が合祀されています。 近くに正月堂がありますので、東大寺の関係が深いようです。 お目当ての「竹灯り」ですが、ボランティアの方々が苦労をして点火をされているのですが、風で直ぐに消えていました。 寒いので、早々と帰ってきました。 屋内では、演奏会がおこなわれていました。 島ヶ原は耐火煉瓦に使われる粘土の産地です。

2021年12月19日

 

祭りの世話役

門松・しめ縄

お供えもの

来年は熊野神社の宮年預(みやねんにょ)にあたっているので、しめ縄・門松の準備がある。 なお、宮年預とは地元では祭りのお供え物の準備、境内の掃除をするなどの世話役のことをいう。 世間一般の祭りの世話役ほどの中心ではない。 神事の進行中は表に出てくることはない。 祭りの中心は当屋といって秋祭り・稲荷祭りでそれぞれに当番がある。 それとは違って年4回(神官がくる行事)の行事のお供え物の準備が主である。  初祈祷、初午祈年祭、秋祭り、新嘗祭・稲荷祭りの4回である。 初祈祷には半紙に厄除けの文字を書き、牛玉宝印(ごおうほういん)を押してウルシの木に貼る。 山へ行ってウルシの木の準備もある。 昔は、苗代の田の畔に刺していたので各戸(約40戸)分の準備をしていた。 今は1本だけ神事に使う。  年4回の神事はすべて農事に係わる行事であった。 今は老人講でおこなっている冬至祭は地区の神事であった。 これは、冬至の日におこなう。 昔は日の出前に熊野神社へ行って日の出のときに神事をおこなったそうである。 冬至は「日短きこと至る」を意味していて、冬至の前後になると太陽の力が弱まって魂が一時的に仮死し、太陽の帰り来る「一陽来復」によって再びよみがえると考えられた。 例として車折神社では冬至から立春まで一陽来復のおふだの授与がある。

2021年12月18日

 

紅葉鑑賞

熊野神社のイチョウの葉が散って、老人講のメンバーで境内の掃除を先週の土曜日におこなった。 例年ならばどこかの紅葉名所へ出かけるところであるが、都合が付かず行きそびれた。 今日ぐらいからさらに寒くなるようである。 畑仕事も少なくなる。  自宅の庭の夏野菜の後片付けもようやくおこなうことができた。 ネーブルとリンゴが枯れたのでこれも片づけて自己所有の山に枯れ木を捨ててきた。 跡地にはネーブルとスダチを植えている。 今年の春に収穫したタマネギは夏を越すと芽が出てくる。 捨てる物も多いが、20個ほど芽の出たタマネギを片づけた後に植えた。 春になれば、ネギの代わりとして使える。

2021年12月14日

 

エセ関西弁

2015年の日経新聞からの引用である。 標準語と関西弁のアクセントは逆だといわれるが、関西弁で話す関東出身者が「あんたエセやろ」と突っ込まれるようである。 次の例文で偽物がバレる。 「うさぎのいる所を左に曲がって」 うさぎは「ぎ」だけが高い。 左は「り」だけが高い。 バナナ・カブト・最後は真ん中だけが高い。 つくえ・なまえ・氷は高い音程が続く。 関西のアクセントは千年前からほとんど変わっていないようである。 抑揚や会話のオチ・ノリ、練習しいやとのこと。

2021年12月14日

 

南天

花の少ない12月に赤い実はアクセントになってよい。 野鳥の餌が少なくなると南天の実も無くなる。 母はお赤飯を炊いたとき、重箱に詰めて南天の葉っぱをのせていた。 若いころは気にすることもなかったが、一人住まいで高齢者になってあの時はなぜこういうことをおこなっていたのだろうと思い出すことがある。 南天の音が「ナンテン」で「難転」に通じるところから吉祥の木とされてきた。 葉っぱに毒消しの意味があるようである。 南天は福寿草と一緒に盆栽にすると「禍を転じて福と為す」となり、縁起物として使われる。 山添村では古い人は南天のことを「ナッテン」という。 アクセントも関東と違う。

2021年12月14日

 

熊野神社のイチョウ

2021年11月16日

日の出後の光が黄金色になるときに撮影しました。 このときはまだ葉が青かったようです。 今は散って枝だけです。 手前の柿はそのままになっていて、最後にはカラスに食べられます。

 

行きしなと帰りしな

京都弁で「行きしな」「帰りしな」を耳にするが、奈良の北東の山間部でも使う。 行きしなは行きがけ、帰りしなは帰りがけのこと。 けなりは岐阜の方言のようにネットでは出てくるが意外と使われているところが多い。 けなりーとか、けなるいは東京を除く本州全域で話されている言葉である。 東京で使われなかったので共通語にならなかった。  うらやましいの意味である。 名古屋ではやっとかめという。

2021年12月12日

 

ホウレンソウの間引き

2021年12月9日

昨日は、暖かい一日でした。 二日続いた雨も止んで畑が気になったのでメインの畑に行きました。 ここが真ん中あたりで、順番にダイコン・ホウレンソウ・ヒノナ・ニンニク・ヒノナ・お休みの土地(ジャガイモ用に空けています) 見えない反対側にタマネギを植えています。 冬野菜が終われば耕してジャガイモを植えます。 ホウレンソウは適当に種をまいたので詰まりすぎです。 畑の近くのおばさんにきくと一畝に2条だそうでした。 つまりは2本の畝を使う量です。 今ならサラダにでも使えるし、湯がいて冷凍にします。 ヒノナはこのぐらいでいいそうです。 近所ではヒノナの収穫が終わっているところもあります。 雨が降らず1度種まきに失敗して、2度目の種まきなので遅くからの栽培です。 ホウレンソウの間引きが終わるとタマネギの畝の草引きを行っています。 一般的には黒いマルチを使いますが、私は使いません。 マルチの後片付けに困るのと肥料がやりにくい・遅くまで敷いていると暑さで焦がしてしまう。 畑仕事は7年目になりました。 最初の頃とは栽培するものが変わりました。 本だけではなく、土地の人に聞くのも重要です。 エンドウは中間地では11月上旬までになっていますが、12月になってから種まきをします。 早すぎると霜に負けてしまいます。 早速、種まきをしました。 連作がダメなので、ネットのそばに蒔きました。 春になってから蒔いてもいいのですが、1か月ぐらい遅くなります。 ローテーションを考えると夏野菜の植え付け場所を空けておく必要があります。 寒くても雑草は生えます。 今日も朝から草引きの続きをします。 野菜の栽培でタキイ種苗のホームページが参考になります。 https://www.takii.co.jp/tsk/manual/ で出てきます。

2021年12月10日

 

公衆トイレ

コンビニのない田舎で困るのがトイレです。 広瀬には2か所あります。 山添村内には他にもあります。 時間を見つけて探してみようと思います。 googleで「山添村 トイレ」で検索すると西波多の上津ダム、北野のフォレストパーク神野山などが表示されますが、これだけではありません。

2021年12月9日

 

N-1グランプリの結果

N-1グランプリの投票は締め切られています。 結果は1月に発表されます。 表彰式の案内が届きました。 二人が参加できます。 参加はFaxで送ってくださいと書かれていてメールアドレスを記入するようになっています。 個人的にはメールアドレスを記入するならばメールで申し込みできるようにしてほしい。 まだまだFaxの利用がされているようです。 個人はFaxでのやり取りは不便です。 届いたかどうかも心配になります。

2021年12月7日

 

味の素とハイミー、いの一番

朝食にはお味噌汁を作るがいつもはカツオ風味のだしを入れる。 もう少し味を濃くしたいとなると味の素かハイミーが必要になる。 こだわる人にもよるがデミグラスソースにはハイミー、カレーには両方である。 コクを出すのがハイミーのようである。 昔行っていた居酒屋では、おでんは鶏ガラスープと味の素がベースだった。 別のお店は関西の出汁である。 関西風のおでん、つまりは関東煮になる。  もちろん醤油と酒・みりん・塩も入る。 関西では昆布とかつお節の出汁が一般的である。 醤油は薄口しょうゆを使う。 真っ黒けの出汁だけは今もガッカリである。  スープにハイミーがいいが、野菜炒めにハイミーもよさそうだ。 炒め物にいつも創味シャンタンを使うが、次にハイミーを試してみます。  今日はプロショップでハイミーを買いました。 「味の素」「ハイミー」「いの一番」が並んでいました。 どう違うのでしょうか? 味の素の構成比率 グルタミン酸ナトリウム:97.5% イノシン酸ナトリウム:1.25% グアニル酸ナトリウム:1.25%。 価格は1kg:724円  ハイミーの構成比率 グルタミン酸ナトリウム:92% イノシン酸ナトリウム:4% グアニル酸ナトリウム:4%。 価格は1kg:1585円 いの一番 グルタミン酸ナトリウム:92% イノシン酸ナトリウム+グアニル酸ナトリウム(リボヌクレオタイドナトリウム:8%) ハイミーと似ていますが比率は不明。 価格は1449円 価格は価格ドットコムを参照。  グルタミン酸ナトリウムは昆布のうまみ成分、イノシン酸ナトリウムはかつお節のうまみ成分、グアニル酸ナトリウムはシイタケのうまみ成分です。 味の素は昆布だしの料理や、魚介類の風味が邪魔になるときに使う。 湯豆腐や野菜のスープにおすすめ。  ハイミーやいの一番は植物系の食材と動物系の食材が混ざりあうような鍋料理に使う。 湯豆腐を作るときには昆布で出汁をとっているので、味の素がなくても困らないが、あったほうがよさそうだ。

2021年12月6日

 

OfficeのAccessの初心者

Accessはまだまだ初心者ですが、使っていてやりたいことがたくさん出てきます。 最初からテキストを読んでいたら挫折したと思います。 ゲームのデータベースを作りながら拡張をしています。 直ぐに作り替えれるところがリレーショナルデータベースの良いところです。 今まではデータ型はオートナンバー型、短いテキスト、数値型だけでした。 数値型は意識をしていなかったのですが、-32768~+32767の整数になっていました。 気が付いて32767を超える整数は長整数型に変更しました。 今まで実数を使っていなかったので小数点付きの数値を入力をすると整数に化けてしまいます。 数値型はさらにデータ型の変更が必要でした。 何でも長ければいいものではないので必要なもののみ倍精度浮動小数点型にしました。 実数は浮動小数点数を使うようです。 計算に使うと誤差が出ます。 計算には使わないので問題なく倍精度浮動小数点型にしました。 書式を固定して小数点の表示位置を固定します。 小数点以下表示桁数は1桁でいいので1にします。 これで、「285.5」は「286」ではなく「285.5」と正しく表示されました。 有効桁が7桁の+3.4×1038までの浮動小数点値に収まるので単精度浮動小数点数でよかったようです。 仕事で数十年間データベースを作っていましたが、この手軽さは驚きです。 当然ながら個人用のデータベースなので作り変えても誰も文句はありません。 仕事ではおいそれと作り変えなどできませんのである程度冗長度を持たせて作ります。

2021年12月6日

 

とれたて市ひぞっこ

2021年12月6日 小雨模様の曇天です

いろんなところで話題になっていましたので、「とれたて市ひぞっこ」へ行ってきました。 とれたて市ひぞっこは伊賀市平野西町にあります。  三重県下最大級の農産物直売所がホームページのタイトルに表示されています。 JAいがふるさとが経営をしています。  奈良県下ではJAならけんの経営で「まほろばキッチン」がありますので、同じような内容です。 さて、とれたて市ひぞっこですが、売り場面積は約700平方メートルあり、伊賀の農産物や伊賀のお土産が中心に並べられていました。 コメコーナーは伊賀米のコシヒカリが並んでいました。 精米も無料でおこなってくれるようで次回に利用しようと思います。 駐車場も広く約200台駐車できるようです。

2021年12月6日

 

ムラサキカタバミ

2021年11月13日 ムラサキカタバミ

 

windows11の再インストール

最近デスクトップパソコンの通信が途切れたり、動きが重くなってきたので、再インストールをした。 最初はユーザーデータを残して再インストールをしたが、まったく通信がつながらなくなったのでクリーンインストールをおこなった。 手間がかかるが快適に動くようになった。 考えてみれば毎月Windowsのインストールをやっている。 おかげで、手順は慣れたものである。 データはパソコンにはおかないので、いつでも再インストールができる。 戻すデータはホルダーごとまとめてネットワークディスクに入れてあるのでどのパソコンからでもすぐに復旧ができる。 ストレージをSSDに替えたので尚更復旧が早くなった。

2021年12月5日

 

ギンバイカの果実酒

2021年11月16日

2021年12月3日

ギンバイカ(マートル)を収穫しましたので果実酒にしました。 昨年は花が咲かず収穫ができませんでしたが、今年は約1㎏収穫することができました。 葉はハーブとして利用されています。 ローズマリーやレモングラスと同じような効果があります。  度数の高いウォッカなどに葉っぱをつければチンキになります。 抗菌作用や殺菌作用があります。  実は小さいのでブルーベリーのようにはそのまま食べません(甘くはない)ので果実酒や加工用に用いられます。 ギンバイカは原産地が地中海なのであまり寒いところには向かないのですが、広瀬は山添村では一番暖かいところなので問題なく育っています。 8ℓの瓶で少し大きすぎました。 同量の氷砂糖を入れ、1800mℓのホワイトリカーを入れました。  意外と知られていないのが、なぜ果実酒に氷砂糖を使うのか? 砂糖を入れると濃度が濃くなり、浸透圧により果実のエキスが出やすくなる。 氷砂糖は普通の白砂糖に比べて徐々に溶け出すので浸透圧の関係上アルコールが先にしみこむというわけです。 徐々に果実が熟成し味がまろやかになります。 砂糖を入れると腐敗防止にもなります。 1か月後に実を取り出してから氷砂糖を入れる方法もあるのですが、忘れっぽいのでそのまま入れました。 ところで、果実酒の瓶は季節商品なので今頃の季節はほとんどお店にありません。 ナフコ、ジュンテンドーにはないのでビバホーム名張店で買いました。 隣に万代名張店があるので、ここでホワイトリカーと氷砂糖を買いました。

2021年12月5日

 

プロパンガスの値段

プロパンガスはメーター付きで基本料金と使った量で支払うが、古いところではボンベ売りもある。 ただしメーターがついている。 以上があった時停止するためである。 昨年は8kgで5000円を切っていたが現在は7000円まで値上がりしている。 このところ、ガソリン・灯油・電気代など高くなるものばかりである。 メーター付きで基本料金1600円、従量単価380円が平均である。 10㎥で5400円である。 都市ガスの例であるが基本料金759円、5㎥従量料金725円で月額合計1484円。 プロパンガス基本料金1752円、5㎥従量料金2670円で月額4422円となる。 御覧のようにプロパンガスは都市ガスよりも高いのである。 但し使用量が増えると1㎥あたりの料金が安くなるように設定されている。 例を挙げると6.5㎥で5203円、12㎥で8050円である。 私の場合、今年の11月検針分。 今回使用量2.0 基本料金1870円、従量料金1227円で3097円である。 今月より1立米当たり25円値上げを致しますと書かれている。 都市ガスならば12立米で2499円である。 プロパンガスは5・6人の家族であれば12㎥で8050円である。

2021年12月2日

 

卵のサイズと重さの関係

サイズは主にL・Mがある。 先ほどの卵はLであったのでMならどれだけの重さになるか? 規格は次のとおりである。 LL:70g以上76g未満 L:64g以上70g未満、M:58g以上64g未満、MS:52g以上58g未満、S:46g以上52g未満、SS:46g未満。 ある程度の量がないとうまく準備できない。 出汁を減らして試すしかなさそうである。

2021年12月2日

 

茶碗蒸し

熊野神社の銀杏もすっかり落ちました。 銀杏を拾ってきましたので銀杏を使った料理を考えてみたいと思います。 銀杏は1年以上置いておくと美味しくありませんのでその年に採れたらそのシーズン中に消費するのがベターです。 あぶって食べるのが簡単ですが、もう少し工夫をしたい。  銀杏も実が黄色いのと緑色があります。 色の違いはクロロフィルの量だそうです。 どちらがいいのかというと緑色です。 あぶって皮をむいたら緑色だったら当たりです。 銀杏の種類にもよりますが、長期保存をすると黄色になるそうです。 昔は居酒屋で銀杏をよく頼んでいました。 おでんに入っている銀杏が冬の楽しみでした。 さて、表題の茶碗蒸しですが日頃はパック入りの茶碗蒸しを買ってきます。 ことしの冬は手作りをしてみようと思いました。  蒸し器は餅をつくときに使っていましたが、電動の餅つき機があるので長らく使っていません。 その餅つき機も一人住まいでは使いません。 正月は食品スーパーでお飾り用の丸餅とサトウの切り餅で事が足ります。 ここは一人住まいで時間制限がありませんので今日は練習がてらに茶碗蒸しを作ろうと考えています。 ところで、作り方ですが大事なのは卵と出汁の関係でしょう。 卵と出汁は1対3となっています。 卵1個に対して出汁が180mℓになります。 固まらなかったり、「す」が入れば失敗になります。 いろいろなレシピをみますが私はシンプルでいいと思います。 4人分で卵L2個、出汁360mℓ、塩小さじ1/4、鶏肉(もも肉)20g、かまぼこ4枚、しいたけ4枚、三つ葉・・・適宜となっています。 醤油を使わない人もいます。 これに、銀杏を追加します。 カニカマ・エビ・ユリねもあればいいですね。 鶏肉が苦手な人はブリの切り身はどうですか?  出汁は白だしがいい。 レシピにはないが手間を省くにはミックスシーフードを使う手もある。 蒸し器がなければ圧力鍋も使えます。

2021年12月2日

 

初霜

展示会は無事終わりました。 ご来場ありがとうございました。 イベントが続き久しぶりに畑へ行きました。 昨日はこの冬、初めて霜が降りました。 隣の集落では皇帝ダリアが霜にやられて真っ黒けになったそうです。 名阪では気温が6度だったそうです。 広瀬の集落は山添村でも暖かいほうで寒いところと比較して2・3度は違います。 県道80号線の奈良名張線を走る方ははそろそろタイヤ交換をしたほうが良さそうです。 凍結は雪だけではありません。 アスファルトに薄っすらと降りた霜が意外と滑りやすいので日陰は注意が必要です。 地元の奈良・三重ナンバーは分かっていると思いますが、凍結を知らない大阪・浪速・和泉ナンバーをみたらスピードを出していて大丈夫かなと心配になります。

2021年11月30日

 

蟷螂

読み方の難しい字に「蟷螂」がある。 62.9%の人は「かまきり」と読んでいるが、27.1%の人が「とうろう」と読んでいる。 2.9%が「かまぎっちょ」と読む。 どれも間違いではなく、使う意味によって使い分けをするそうである。 祇園祭の「蟷螂山」は「とうろうやま」とも「かまきりやま」とも読むことがあるそうである。 灯籠のついでにのせてみました。 灯籠と灯篭はどちらが正しいのか? 新字が「篭」で旧字が「籠」のようです。 他に7画目が横棒の籠もあるようで、漢字の出現頻度数調査では一番多いそうです。

2021年11月27日

 

竹灯籠の展示会

2021年11月26日

2021年11月26日

2021年11月26日

2021年11月26日

2021年11月26日

五月川センターの2階で展示会がおこなわれています。 期間は11月26日~11月28日です。 詳しくはお知らせに載せています。

2021年11月27日

 

アオキの箸

熊野神社の祭にはお供え物に箸も準備をする。 どこで間違ったかウルシになっていた。 ウルシは初祈祷の苗代の供え物に使うのでこれと勘違いをしたのだろう。 こんどは宮年預なので、この初祈祷の準備もある。 昔のことを知っている人に箸のことを聞いたらアオキであった。 アオキは野山で冬に赤い実をつける。 葉っぱの青さも力強いのですぐにわかる。  ネットで調べたらアオキの箸があった。 1膳が9680円もする。 何故、祭にアオキの箸を作るのかそれはわからない。 正月の門松の松・シダ・しめ縄の準備もある。 お供え物は引継ぎの書類にあった。 引継ぎといっても渡されるだけなので分からないことが山盛りである。

2021年11月25日

 

Officeのバージョン

お店のデスクトップパソコンのOfficeのバージョンは2010である。 余裕がないのでそのまま使っている。 Windows7で貰い物であったが、Windows10にバージョンアップした。  メールに添付でExcel2016のファイルが届くといつも印刷がずれるので困る。 WordやExcelでは昔から印刷がずれることがあったので事前にバージョンをきいていた。  最近は、ノートパソコンでPDFにしてからデスクトップへ保管をしている。 PDFはこういう問題が起こらないので最終的な保管物はPDFで残している。 ノートパソコンは私しか使っていないが、デスクトップは皆が使っているのでいろいろ工夫がいる。 最近メールがOutlook2010で受け取れなくなったのでGoogleChromeでメールを受け取るようにしている。 ノートパソコンのOutlook2016では問題なく受け取っている。 こちらでPDFに変換してUSBでデスクトップへ貼り付けている。 会社ではバージョンを揃えないとトラブルで苦労をする。

2021年11月25日

 

金星

ことしの5月~12月は宵の明星として日の入り後の西の空で輝いている。 明るいのですぐにわかる。 月と金星が並ぶときがあるが、これもきれいである。 来年の1月上旬には内合といって太陽と同じ方向に位置するので見えなくなる。 1月下旬には明け方の明けの明星として見えるようになる。

2021年11月25日

 

データベース

データベースを作成するには色々なソフトがあるが、一般的なものはAccessである。 最初は見た目がExcelと似ているが全く別物である。 フィールドの属性(データ型)は厳格で数値とテキストは混ぜて使うことはできない。 Excelで困るのは空白と0である。 マクロを使えば一列を0に置き換えることも簡単である。 表を作っていてゼロクリアーしたい時がある。 先頭に0を入れて以下をコピーでもよいが回数が多ければ面倒である。 この操作をマクロの記録を使えば、何度でもボタンひとつで可能である。 さらにマクロを変更すれば応用もできる。 このようにしてExcelマクロをおぼえた。 そして、Accessも色々やるうちにレコードの件数を計算するにはどうすればよいかと考えたらマクロの作成である。 数十万件であろう写真の管理を何とかしたいと考えたらマクロが必要になる。 古文書のExcelシートをAccessに取り込んだ。 こちらも利用しやすいように工夫がしたい。 ゲームにも使っているが、「覇王の天下」というゲームを2年ぐらいやっていてようやく真ん中ぐらいのレベルである。 ここで、戦国武将が登場する。 現在登録しているのが89人である。 これだけ武将がいると物理的に強いのか戦略的に強いのかなど数値で登録をしておくと実際のゲームでどの武将を配置すると効率がよいかなどを検討できる。 レア度も気になる。 カードゲームであった、UR・SSR+・SSR・SR・Rなどである。 URはウルトラレアで最強であり希少である。 現在8人である。 レベルというのも重要である。 最高はSSR+お市がLV92になった。 最近登録できたUR立花道雪LV72が10番目で力強いのが気に入っている。 ちょこっと一時間ぐらい遊ぶにはちょうどよい。 勝負よりも木下秀吉・梵天丸・長尾景虎などが登場するのが面白い。 課金をしていないので対戦では、ほとんど負けている。 このゲームは課金をしないとなかなか勝てないようになっている。 歴史ファンなので楽しんでいるわけである。 今川義元はやっぱり弱い。 竹中半兵衛はSSR+竹中重吉として登場する。 正しくは竹中半兵衛重吉だったと思う。 大谷刑部はUR大谷吉継で登場する。 アイテムによって強くなっていくのはドラクエなどのRPGにもあった。 夢中になってドラクエをやったのが懐かしい。

2021年11月25日

 

道楽

道楽とは本業以外の趣味などにふけって楽しむこと。 特に、酒色やばくちなどの遊興にふけること。 身持ちが悪いこと。 時代によって意味が異なったり品がないとか言われる言葉は数々ある。 お前は御前・貴さまは貴殿でもともとは尊敬語であった。 この道楽であるが、「道を解した楽しみ」という意味があった。 仏道修行よりも、単なる楽しみに徐々に傾いていき、趣味などに没頭して得る楽しみの意味になった。 道とは一般的には道路のことであるが、茶道などにみる精神神髄の事も言う。 道楽とは本来はこちらであった。 ゴルフはスポーツとして認められているが「ゴルフ場利用税」がかかる。 スポーツの中で税金が課されるのはゴルフだけである。 田舎では金持ちの道楽にしか見てくれないところもある。 土日が15000円で平日が5000円なんて値段の設定は不思議である。 軽自動車で行くのも格好が悪いので人に乗せてもらうという人もいる。 私は、興味がないのでテレビでみるぐらいである。 暇があったら畑仕事をします。

2021年11月23日

 

勤労感謝の日

昭和23年に制定されたが、元は新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)である。 趣旨は「勤労をたっとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」である。 勤労感謝の日といっても新穀の収穫に感謝する日なので、もう一つピントこない。 新嘗祭は古来からの行事で、宮中の行事であった。 農村では新嘗祭と言ったほうがわかりやすい。 実際に神社で神事をおこなう。  勤めている人に合わせて最近は近い日曜日におこなわれている。 昭和のころはこの日迄新米を食べることは無かった。

2021年11月23日

 

Webブラウザー

インターネットエクスプローラー11は2022年6月15日にサポート終了になる。  人気はどうであろうか? 2021年6月現在の日本国内のランキング。 Chrome91.0が34.81%、Edge91が15.93%、Chrome for Androidが14.06,Chrome90.0が6.47%、IE11.0が4.58%、Safari14.1が4.39%、Firefox89.0が4.27%、Safari14.0が3.17%、360Safe Browser0が0.93%、Chrome89.0が0.92などとなっている。 世界でもChrome91.0が46.41%で断然トップである。 現在の私はChrome96.0を最も使っている。 次にFirefox94.0である。 半年も経つとバージョンアップをしている。 Edgeは96.0になっているが、ほとんど使わない。

2021年11月22日

 

一太郎

日本語ワープロソフトに「一太郎」がある。 まだまだ、根強いファンがいるようである。 またまた先日のパソコン修理依頼者から、今度はプリンターが使えないのでWordが動くパソコンで印刷したいという。 Wordは2007以降はファイルを開くこともできない。 Word2003の形式で保存しても完全互換ではないので罫線がずれたりする。 最後にたどり着いたのが「一太郎ビューワー」である。 表示と印刷ができるので一太郎がなくても印刷ができる。 何とか印刷ができた。 WordやExcelでも2007以降とそれまでのファイルは互換性がなかった。 一時はExcel ViewerやWord Viewerを使ったこともある。 わざわざWord2003やExcel2003の形式でファイルのやり取りをしていた。 現在はoffice2010まではサポートされていないので、知らない方も多いのではないか。 ところで、一太郎の人気は個人の趣味や縦書き中心の人には便利である。 横書きやビジネスにはWordのように世界を済み分けているようである。 縦書きが中心の日本語ワープロが90年代前半まであった。 富士通のオアシス、シャープの書院、NECの文豪、東芝のルポなどである。 私は、Windows3.1のWord6.0,Excel5.0が始まりである。 まだOSは16ビットであった。 Windows11は64ビットしかないので随分と変わったものである。 昔はマニュアルがあったが、現在はHelpで画面を調べることになる。 Windowsのリファレンスマニュアルはかなり分厚かった。

2021年11月22日

 

サロン活動

サロン活動は集まる機会が難しかったので、今年は配りものにしている。 先週、国華園に行ったときに一緒に葉ボタンを参加メンバーに2本ずつ買ってきた。 白と赤で正月にいいと思って会った人に話をしたら、皆さん喜んでいた。 私にとっては何よりである。 最初はクリスマスローズを探していたが、見つからなかった。 70歳以上の高齢者にはクリスマスよりも正月だと一人納得をした。

2021年11月22日

 

ブートセレクト

Windows11のインサイダープログラムを利用しているが、OSの起動選択(ブートセレクト)を間違って設定していたので動きが悪くなっていた。 調べてみると順序がハードディスクが1番目になっていた。 思うように起動しないので、使わないストレージは全てディセーブルにした。 SSDのみにしたので問題なく動いている。 マザーボードはM2.SSDが使えるようになっているがしばらくはSSDを使う。 ブートセレクトの変更は昔はBIOSといっていたが、最近の機種はUEFIという。 昔はキー操作のみであったが、今はマウスが使える。 便利になったが、使い方を間違えるとわけが分からなくなるので慣れない人は十分気を付けてほしい。 このあいだのパソコンの修理依頼者には後日に別の話があって、古いパソコンにプリンターのドライバーを入れたらフリーズしてしまった。 これは、電源長押しで電源を切り、セーフモードで立ち上げたら動いた。 失敗したらクリーンインストールになるのでバックアップするように話をした。 新しい装置は余り古いパソコンには繋げられない。 古いプリンターを使うのであればOSは古いままにする。

2021年11月21日



オノマトペ

物が発する音を字句で真似たものを擬音語、状態や感情等の音を発しないものを字句で真似たものを擬態語という。擬声語というものもあるが、これは擬音語と同じであろう。 この概念を表したものがオノマトペと言われている。 日本語に訳すと数が多いので何が一般的かよくわからない。 カタカナでオノマトペと書くのが無難なようだ。 昨日、一昨日にサトイモを食べる機会があって、親芋はパサパサしていた。 赤芽大吉はホクホクとした感触であった。 石川早生はツルッと皮がむけてヌルットとしている。 細かい説明がなくても分かるのがオノマトペの便利なところである。

2021年11月21日



イベントが続きます

昨日は、竹林整備を近畿大学の学生さんとボランティアの有志で一緒におこないました。 村役場から竹の粉砕機(チッパー)をお借りしていましたので、広報担当の方に来ていただきました。 チッパーは11月になって新規で購入されています。 山添村の広報誌に掲載されると思います。 皆さんお疲れさまでした。 N-1グランプリは11月15日に締め切りになっています。 ご協力ありがとうございました。 発表は2022年1月になります。 竹工房は11月20日が年内の最後になります。 来年は3月の第3土曜日が最初になる予定です。(冬は寒いので休みます。)  竹灯籠 作品展が近くの五月川センターにおいて11月26日~11月28日の予定で開催されます。 詳しくはお知らせのページを参照してください。 11月21日は熊野神社の新嘗祭・稲荷祭です。 11月28日は老人講があります。 12月1日は熊野神社の一日参り、「さへ」 と言って集落の毎月の行事である。 冬至の日は冬至祭が行われる。 1月7日は「おこない」がある。 祈祷行事で、西迎寺(般若心経を唱える)・熊野神社(大祓を唱える)でおこなった後、農事祈願の神事をおこなう。 当番(宮年預)は「牛玉宝印」を持って天地東西南北に向かって「天地東西南北」と唱える。 たまに方角を間違える人がいて面白い。 もちろんやり直しをする。 そのあと参列者の頭に「牛玉宝印(ごおうほういん)」を押す。 奇祭かもしれない。 半紙に牛玉宝印を押しハゼノキに貼る。 昔は苗代にさしていた。 来年は宮年預にあたっている。 二人なのでもう一人(お隣さん)か私が当番である。 宮年預は年4回の神事の世話役である。 しめ縄・お供え物・祭の幕・提灯の飾り付けなどである。 集落の神事は全て農事に関係している。

2021年11月19日



正月菜

正月菜が収穫できるまでに大きくなった。 2か月で収穫できるので重宝している。 種になるまで畑に置いておいたので、ことしは買わなくても済んだ。 ツケナとも言っておひたしや汁の実等に使える。 小松菜よりも葉が薄く、色も薄いので引き抜いてから余り日持ちがしない。 軟らかいので食感はいい。 東海地方で多く栽培をされていて正月の雑煮に使われる。 適当にバラまいたので間引きもかねて収穫をした。 おひたしにしてかつお節をまぶし醤油をかけるだけである。 醤油は各地のかけ醬油を使う。 今は、京都の松野醤油が気にいっているのでほとんどこの醤油である。 紅葉が見頃になったら鷹峯へ行きたいものである。 豆腐は嵐山の森嘉へ行きたい。 ここの揚げもおいしい。 南禅寺の湯豆腐は値段の割にがっかりなので行かない。

2021年11月18日



ノートパソコンの再インストール

最近、ノートパソコンの動きが悪いのでWindows10のクリーンインストールをやってみた。 データはNASにあるしアプリはデスクトップにもあるので全部削除しても問題はない。 アイコンの間隔が空きすぎるので、regeditでIconSpacingとIconVerticalSpacingの値を-1500から-1125に変更した。 Windows7にはコントロールパネルにあったが、削除されている。 アプリは本人確認で2段階認証が増えてきた。 手元にスマホを置いておかないと確認できない時代である。  古いメールアドレスでパソコンのメールが届かない。 デスクトップのほうで、ユーザープロフィールのメールアドレスを使えるメールアドレスに変更した。 こういう時にパソコンが2台あると助かる。

2021年11月18日



ガソリンの価格

昨日、名張へ行くときにガソリン価格が170円であった。 針テラスで先週ガソリンを入れたが158円であった。 軽トラに25ℓ入ったので3950円、名張で入れたら4250円である。 差額が300円でお茶代が出てくる。 全国では165.5円がへいきんである。 三重県は161.1円となっているが伊賀市・名張市は高い。 山添村内にもガソリンスタンドはあるが、伊賀・名張と同じぐらいに高い。

2021年11月18日



ブロッコリー

ブロッコリーの収穫時期を近所の人にきいてみた。 あまり大きくなりすぎると花が咲くそうである。 それと、脇芽が出ているので引かずにそのままにする。 脇芽が大きくなると小分けしなくてもいいサイズになる。 食べ方は色々あるが塩ゆでにしてフリーザーパックにいれ、冷凍するのが良いそうである。 余り茹ですぎないのもコツである。  冷凍のままお弁当に入れるとお昼にはとけていい感じになる。 お好みでマヨネーズかドレッシングを付ける。 ちょうどゲソがあったのでブロッコリーと一緒にマヨネーズで食べてみた。 うーん美味しい。 ミニトマトとレタスがあればサラダにもなる。 ブロッコリーは捨てるところがないので葉や茎も食べたほうが良い。 茎はサラダ以外にスープ、炒め物にする。 固ければ皮をむく。 薄切りにすれば、味や食感がアスパラガスに似ている。 

2021年11月18日



Windows XP

古いパソコンに最近のプリンターをつないだが、うまくいかないという相談を受けた。 何と2001年9月にリリースされた「Windows XP」である。 CPUはPentium4である。 プリンターのドライバーは無いと思う。 そろそろパソコンを買い換えたほうが良いのではと話をした。 ネットに繋げていないそうでワープロがわりであった。 単純に動くのと気持ちよく動くのは中身が違う。 せめてマイクロソフトのサポートがあるOSを使ってほしい。 

2021年11月17日



ムラサキカタバミ

近所の空き家に昔から咲いている花が気になっていたので調べてみた。 植えているのかと思ったら雑草であった。 カタバミ科カタバミ属の植物で外来種である。 日本産のカタバミは黄色で小さい。 鱗茎が増えるので深く掘って取り除くしか駆除の方法がないようである。 背が低いので草刈りもできない。 紫色の葉っぱが美しい園芸品種のオキザリス・トリアングラリスもカタバミである。 

2021年11月16日

 

金剛輪寺 明壽院

2021年10月18日 藤袴とアサギマダラ

 

朝の霧

2021年11月15日 自宅の前 窓を開けると御覧の景色です。

午前7時になって、日が差してきました。 今朝は、霧が濃いので良い天気になると思います。 少し寒かったので、この冬はじめて朝にストーブをつけました。 気温が15℃になったので現在はストーブを消しています。 熊野神社のイチョウも黄色くなってきました。

2021年11月15日



Office365を使っての感想

Teamsは名前の通りで、個人のみで使わないので評価はできない。 あくまでも、職場で使うものである。 PowerPointは主にプレゼンテーションに使えるが私は写真の書類作成に使っている。  村役場に書類を提出するときは、写真付きが多くなったのでWordやExcelよりも使いやすい。 Publisherは名刺・チラシなどの見た目が大事なものに使うソフトであるが私は使っていません。 OneNoteは手帳やノートのように使うソフトですがほとんど使いません。 メモはスマホの「メモ」を使います。 わざわざパソコンを立ち上げるのは面倒です。 ビジネスであればタブレットで使うと思います。 Accessはデータベースのソフトで結構使っています。 慣れるまではExcelとの違いがわからないとか、難しそうというイメージがありますが、基本的な操作がわかれば難しくありません。 Outlookはメールソフトとして使っています。 スマホに同期ができるのでメールが届いているかスマホで確認をしています。 WordやExcelは普通に使います。 自宅用ではWord・Excel・Outlookが入ったPersonalが一般的だとおもいます。 Office365はPowerPointやAccessもついているので私個人としてはお得だとおもいます。 職場用にはProfessionalでPowerPoint・Access・Publisherがついています。 永続版アプリは2007/2010/2013/2016/2019と3年ごとに更新されましたが、今回は2年後の2021が10月に発表されました。 これは、Windows11の発表にともなるものと考えられます。 永続版のPersonalは2台のPCしか使えませんがOffice365のPersonalは無制限にインストールできます。 ただし、同時使用は5台までです。 一人で、3台のパソコンを使う時もあります。 Office365はいろんな種類があって、使っているのはApps for businessなので5台しかインストールができません。 使う用途によってソフトを選択しないと無駄な買い物になります。

2021年11月15日



畑の様子

2021年11月9日 メインの畑 手前から「日野菜」「ホウレンソウ」「ダイコン」「タマネギ」 右側は果樹です。 これから剪定をおこないます。

2021年11月9日 資材置き場の前 「キャベツ」「ハクサイ」 見事に昆虫に食べられました。 奥は「ゴボウ」、左の奥は「ダイコン」「正月菜」です。

2021年11月9日 3番目の畑 「九条フトネギ」「ブロッコリー」

遅くからまいた日野菜・ホウレンソウが芽を出しました。 ブロッコリーはまもなく収穫です。 ところでブロッコリーとカリフラワーの違いは分かりますか? 見た目と味だけではありません。 ブロッコリーは茹でるとビタミンCが損なわれますがカリフラワーはビタミンCが損なわれません。 植物繊維も豊富です。 ブロッコリーは特にカリウム・タンパク質・葉酸・リン・βカロテンなどの栄養素を多く含んでいます。 冬は特に美味しい時ですのでたくさん食べて寒い季節を乗り切りたいものです。 好みがありますがクタクタにならない程度に茹でて食べるのが良いと思います。

2021年11月12日



皇帝ダリア その2

2021年11月11日 旧広瀬保育所

旧広瀬保育所に皇帝ダリアが咲きました。 寒さに弱いのですが、広瀬は山添村内でも暖かいほうなのでそのままでも年を越せそうです。 近所では他にも見ますが植え替えをしなくても毎年花が咲いているのを見ます。 現在は空き家になっていて年に数回帰ってきますが、庭木の手入れは職人に任せているようです。

2021年11月12日



パソコン修理のその後

先日の知り合いのパソコン修理は無事終わりました。  新たな問題がネットワークの相談です。 ここの家は道路をはさんで(2mほど)隣に別棟があります。 そこに依頼人の書斎があります。 そこは隣とも接近していて電波の干渉が起こっているのが想像できました。 順番に光ケーブルが入っている母屋でホームゲートウェイを確認しました。 続けてルーター、中継器の機種と設置場所を確認しました。 2階にホームゲートウェイとルーターがあり、1階にコンセントに差し込むだけの中継器が2カ所ありました。 別棟は新型の中継器よりそのまま受信していました。 inSSIDerをパソコンにインストールしてSIGNALとCHANNELを確認しました。 信号は-65dB(今回の測定)を下回っていてネットが時々切れると聞いていたので納得できました。 さらに隣家の通信のチャンネルが重なっていました。 一番安上りなのが中継器を2段使う方法です。 1階の古い中継器を別棟の中に移動して設置しました。 効果があって-50dBぐらいまで改善しました。 CANNELの重複もなくなりました。 ネットの動きもよくなり劇的に改善されてホッとしました。 次に、メールが受信できないようなので確認するとOutlookの認証が必要で本人はパスワードを忘れたようです。 マイクロソフトへ電話をして媒体を取り寄せる(有料)しかありません。 そこで、Google Chromeを知らないようだったのでダウンロードして本人立ち合いでGmailの登録をおこないました。 ネットの登録で本人確認のためパソコンのメール登録、スマホのメール登録はしておいたほうが良さそうです。 電話番号は固定電話を登録していてメールでの確認ができません。   私はOffice365があるので関係ないですが、無料版のOffice365Premiumも検討の価値があります。 ただしクラウドでしかデータの保存ができません。 Excelのマクロが使えない。 Accessが使えない。 などの制限があります。

2021年11月11日



国華園 日本菊花全国大会

2017年11月9日 国華園・和泉本店

昔は和泉市にある和泉本店で日本菊花全国大会が行われていました。 現在は貝塚市にある二色の浜店において11月23日までの予定で開催されています。 近くには二色の浜公園・海浜緑地があります。 ほとんど毎年行っていましたが、もう4年もたっています。 3年ほど大菊を育てましたが、手入れが大変なのでやめました。 畑仕事が中心になり、庭仕事が2番目になりました。 私には食が一番大事です。 コロナ感染症の影響もあり写真撮影に出かけることもほとんどありません。 ちょっとした写真はスマホで十分です。

2021年11月11日



皇帝ダリア

2021年10月18日 日野ダリア園

11月になって皇帝ダリアが各地で咲き始めました。 原産地がメキシコなので暖かいところを好みます。 大きいものは5m程度になります。 茎だけを見ていると竹を思わせます。 11月に植物園へ行く機会が少なかったので、手元に開花の写真がありません。 あらためて写真を撮ってきます。 11月は菊を見に行っていましたので関心がありませんでした。

2021年11月11日

 

立冬

昨日は立冬でした。 毎度になるEXCELの計算です。7=INT(8.2396+(0.242469*(2021-1900))-INT((2021-1900)/4))以上のようになり、11月7日は立冬になります。 暦の上では冬になり2月初旬の立春までが冬になります。 お手紙には「立冬を迎え、暦の上ではふゆとなりました。」などと書くことになります。 それを思わせるのが明日からは寒くなりそうです。 今年の冬は燃料代・電気代・ガス代など高くつきます。 10月には食用油・乳製品・小麦粉などが値上がりしていました。  一人住まいは暖房費が無駄になるので極力、台所と居間ぐらいに引き籠ることになります。 灯油もそろそろ準備します。 野菜は値段が落ち着いているようです。 上っているのは次の通り。  茄子は3本190円で先週に比べて+21円。 さつまいもは1本211円で先週に比べて+21円。 タマネギ小3個が136円で先週より+32円。 北海道産(北見・ふらの)が入荷不安定です。

2021年11月8日

 

ディスる

若者の言葉で「ディスる」がある。 意味はけなす事のようである。 尊敬しないなどの意味の英語の「disrespect(ディスリスペクト)」が語源である。 リスペクトは重視、尊敬という意味である。 なんでも名詞に「る」をつけて動詞にしてしまう。 若者の言葉は短縮が多いので聞いていてよくわからない。 意味は違うのであるが、ITの用語には「ディセーブル 【disable】 」がある。 無効にする、無能力にする、停止させる、失格にする、などの意味がある。 BIOSを変更していると【disable】が出てくる。  起動ドライブから無効にしたいときに選択をする。 有効にするのは「イネーブル」(enable)である。 ちょっと面白い辞書が発売されている。 ちょっとだけ紹介をします。 タイトルに常識に抗う(あらがう)と書かれています。 【しあわせ】洗脳。思い込み。錯覚。 【ぽじてぃぶ】 何も学び取ろうとしない、最低な思考。【みんなおなじ】 無意味で、無価値で、救いようのない言葉。

2021年11月7日

 

パソコンの修理

先日、知り合いに頼まれたデスクトップパソコンの修理はハードディスクの交換だけで済みました。 費用は4800円です。 家電量販店では修理代が5万円と言われていたそうです。 面倒だったのは回復ドライブディスクがなかったことです。 DELLのパソコンでタグ番号と機種で回復ドライブのダウンロードを別のPCでおこないました。 昔は付属していましたが最近は付いていませんので起動後にUSBなどに自分で作成します。 ハードディスクが壊れたときやシステムが不安定になった時は必要になりますので絶対に作っておきましょう。 以前はDVDやCDに回復ドライブを作成していましたが、最近は32GBのUSBを準備します。 システム修復ディスクというものが場合によってはあるようですが、データの修復はできませんので回復ドライブが最終の回復処理になります。 完全なバックアップではないのでファイルバックアップは別に取っておく必要があります。 ホームページはデスクトップで作成していますので定期的にサイトのエクスポートをおこなってNAS(ネットワークアタッチトストレージ、ネットワークHDD)に保管しています。 いざという時はインポートで復旧できます。 バックアップの取り方にも注意があってこのアプリのバグだと思いますが、まとめて複数のサイトをバックアップしたときに読み込みできませんでした。 古いバックアップからの復旧で痛い目に遭いました。 泣くに泣けません。 時間をかけて戻すしかありません。 テキストの復旧は割と簡単なのですが写真に時間がかかります。 ただし、改行がうまくいきませんので手作業で改行を一個一個削除してENTERを押します。 写真を探すのも一苦労なので、最近は年度ごとに写真を保管しています。 写真の元の容量が大きいのでPhotoshopで圧縮をしています。 名前も連番にするようにしています。 ファイル名は日本語がダメなので英字+数字になります。 日本語のファイル名を使うと転送の時に写真がエラーになります。 ホームページビルダーには随分泣かされました。 バグがあってもうまく付き合えば便利なソフトです。 5サイトがあるので1サイトごとにバックアップをとっています。 バックアップをしていても安心していてはいけません。 復旧方法も確認しておきます。 大銀行や通信サービスの会社で大事故を起こしているのはこのあたりに問題があります。 先日のSATAケーブルですが、電源の線と通信の線は別なので両方準備が必要です。 ケーブルの長さも色々あるので事前に確認が必要です。 部品交換は趣味でこんなことを40年ぐらいやっているわけです。 SSDの交換をやりながら、「M.2」が気になります。 「エムドットツー」といいます。 古いマザーボードには取り付けができません。 見た目は薄くてメモリーカードです。 旧規格がmSATA SSDで転送速度が6Gbpsですが、新規格のM.2 SSDの転送速度は10Gbps~32Gbpsとなっています。 高速ですが、消費電力が大きく発熱が高くなります。 SATAは安価・省電力のメリットがありますが、速度はNVMe(不揮発性メモリ・エクスプレス)より遅くなります。

2021年11月6日

 

タマネギの苗

自家の苗づくりは難しいもので、9月にプランターへまいたタマネギはうまく育っていません。 細いまま定植をしましたが、心配なので伊賀市青山羽根のコメリへ行ってきました。 余談ですが、伊賀市の合併前は青山町と言っていました。 どういうわけか旧青山町のゴミ処理は伊賀市ではなく名張市でおこなっているようです。 名賀郡も消えてしまいました。 明治までは伊賀市と名張市の一部は伊賀郡でした。 明治になり伊賀郡と名張郡が合併して名賀郡になりました。  市町村合併で三重県では村がなくなりました。 奈良県は積極的でなかったので村が数多く残っています。 さて、タマネギの苗は販売時期が外れたのか既に完売状態です。 土付きの値段が高めの苗がありましたが目的の品種ではないのでやめました。 元気のない苗がありましたがそこまでは買うつもりはありません。 春になれば、ジャガイモの準備もあるので空けておきます。 500本植えた苗は定着した様子です。 黒マルチをしていないので、草引きも必要です。 いろんな考え方があるのですが、黒マルチを夏まですると太陽熱で焼ける場合があります。 それと、黒マルチの処分にも困ります。 肥料を蒔くときも面倒です。

2021年11月5日

 

下駄の雪

最近、聞いた言葉であるが「下駄の雪」である。 政治の世界の言葉であるそうだ。 ここのページでは、政治の話は合わないので詳しくは載せません。 「踏まれても離れない」「強いものにくっついている」「うっとうしい」といった意味があります。 何となくどこかの話のような気がします。 どちらかというといい意味ではなさそうです。 履物に雪駄があるが、こちらは下駄よりも雪がつまりにくいようだ。

2021年11月4日

 

サトイモの収穫

サトイモ 2021年11月2日

サトイモの収穫をおこないました。  とりあえず5本だけ掘ってみました。 まずまずの収穫です。 ある程度は種芋に残して煮しめにして食べます。 サイズを比べるためにミニスコップを置いていますが、掘るときは木柄ショベルで一気に土を起こします。 赤い茎は茹でてズイキにします。 青い(緑色)茎は使いません。 信号は緑色でも青信号といいます。

2021年11月3日

 

こんにゃく芋の収穫

こんにゃく 2021年11月2日

こんにゃくは植えてから3年過ぎてようやく収穫ができます。 いつもながらそのままでは食べられない、しかもヘルシーな食べ物をどうして人間は食べるようになったか不思議に思います。 見ての通りサトイモに似ています。 サトイモ科コンニャク属の植物です。 畑を荒らすサルやイノシシは食べません。 昔は木灰であく抜きをしましたが、最近は水酸化カルシウムを使うそうです。 どういうわけか料理に使うときは水酸化カルシウムで肥料は消石灰といいます。 同じ成分です。

2021年11月3日

 

Pass Mark

NLPC、 ASUS、 lenovo、 評価
CPU       core i5-9400F 、core i7-5500U、 core i5-2450M
          第9世代、    第5世代、    第2世代
PassMark Rating     1728.2 、1670.0、 213.0
 CPU Mark      10016.1 、3178.4 、2431.3、 2500以上
2D Graphics Mark    201.4 、300.9、 15.8  
3D Graphics Mark      508.9 、731.5、 297.6  
Memory Mark      3014.8 、2017.5 、1920.0  
Disk Mark      5321.5、 1807.4 、726.8 、SSD が望ましい

ハードディスクからSSDの入れ替えをおこなったのでPassMarkで3台の自宅のパソコンのベンチマークテストをおこなってみた。 CPUはi5以上というが世代も関係していてメルカリには気を付けないといけない安物があるそうである。 せめて第8世代以降のCPUを買ったほうが良い。 特に中古は危ない。 私は安くてもメルカリを使いません。  ストレージにはM.2 SSD/SSD/HDDなどがある。 SSDは粗悪品にSDカードやUSBカードをSSDに改造した物があるので注意。 第2世代のi5のCPUは2431.3で2500より下である。Windows11のテスト用マシーンとしてネット検索に使うぐらいである。 第9世代の10016.1は10000を超えているのである程度のゲームには使えるCPUである。 ただし、グラフィックボードが安物なのでゲームとしては使い物にならない。  SSDは第9世代と第5世代のマシーンに入れてみた。 圧倒的な差がついている。 メモリは規格の変更で差がついている。 グラフィックはゲーミングパソコンが第5世代のノートパソコンに負けている。 これは一番安いボードなので仕方がない。 ゲームをしないので問題はない。

2021年11月2日

 

ハードディスクの交換

知り合いにパソコンの修理を依頼された。 BIOSの画面でハードディスクが認識されていない。 見たところ、ハードディスクが壊れている。 音がしないのでまさかケーブルのコネクターの接続不良か、順番にあたるしかない。  ハードディスクは信頼性と価格の差により色々あるが、7・8年前の廉価版のデスクトップパソコンなので、SATA接続の3.5インチの内蔵ハードディスクである。  ストレージは4種類あってATA・SATA・SCSI・SASである。 SCSIはサーバー・パラレル通信で利用されている。 ATAはIDEとも言っていた。 現在は少なくなりSATAに変わりつつある。 パソコンはSCSIよりSATAが安いのでSATAがほとんどである。 SASはシリアル通信かサーバーで使われるので、一般的には馴染みがない。 SATAはシリアルエーティーエーと言っていたが、最近の人はサタと言っているので私もサタと呼ぶ。

2021年10月30日

 

秋の夜長


2008年4月13日 広川寺 大阪府河南町


2008年4月13日 広川寺


2008年4月13日 広川寺


2008年4月13日 広川寺


2008年4月13日 広川寺

2008年4月13日 広川寺

2008年4月13日 広川寺 西行墳

秋の夜長とは秋分の9月23日以降をいうそうである。 すっかり、コオロギも鳴かなくなり、静寂そのものである。 こんな時はラジオを聴いていたが最近は読書をしている。 今読んでいるのが白洲正子の「西行」である。 「願わくは花のしたにて春死なむそのきさらぎの望月の頃」 臨終のころに詠んだという人もいますが、亡くなる約10年前という説もあります。  西行の和歌は日付が無いのでいつか分からないのです。 広川寺は西行終焉の土地です。 文治6年2月16日に73歳で入寂と書かれています。 如月の望月(2月15日頃・陰暦の満月)というのは、現在の暦では3月中旬である。 西行が愛した桜は「山桜」です。 広川寺は葛城山の大阪側の麓にあります。 ここから葛城山へのハイキングコースがあります。 一度登ったことがあります。 西行記念館は開館期間が限定になっています。 4月1日~5月10日、10月20日~11月30日です。 本坊は期間の制限はありません。

2021年10月28日

 

エクスペリエンス 【experience】

エクスペリエンスとは、経験、体験という意味の英単語である。 ITの用語としては機器やシステムとの関わりを通じて得られる体験の総体、およびそこから生じる印象や認識のことをいう。 例としてはパソコンの能力を調べる時にWindows10まではコマンド入力で調べることができた。 コマンドプロンプトから「winsat formal」と入力するのである。 以下は省略。 ところがWindows11は管理者モードにしてもディレクトリをc:に移動できなくなった。  探せばあるものでfreesoftがあった。 最高点は11だったと思う。  プロセッサはデスクトップ(core i5-9400F)が9.1,5年前のノートパソコン(core i7-5500U)が8.5、9年前のノートパソコン(core i5-2450M)が8.3である。 ハードディスクは5.9だったのでSSDにすると8.2に上がった。 ゲーミングパソコンというのにグラフィックスは5.1である。 安物のグラフィックボードなので仕方がない。 SSDを使ってみて思うのはできればパソコンにはSSDを入れたほうがいい。 特に早いプロセッサ、メモリであればハードディスクが足を引っ張る。 要はトータルバランスである。 Windows11に変更して操作が変わったところがあるが、悪いOSでもない。 プロセッサはi5以上がおすすめである。  ある程度の速いプロセッサと8GB以上のメモリがないとWindows10よりも動きが鈍くなる。 古いパソコンはWindows10で動かしたほうが良さそうである。 それにしても、コマンドプロンプトに制限があるのは残念である。 段々、システムの中身は触れないように隠す傾向になる。

2021年10月28日

 

ご当地クエスト

最近、スマホのゲームでご当地クエストが話題になっている。 高山クエストをダウンロードしてみた。 昔の初代ドラゴンクエストの雰囲気である。 開発費用は1000万円までで、本格的なゲームの数億円と比較はできない。 グラフィックは大したことはないが十分楽しめる。 お店に立ち寄るとご当地のお店の紹介がされる。 観光ビラづくりよりも安くついて地元の話題作りにもなって評判が良いそうである。 関係ないが、ホームページをプロに頼むと最低でも200万円ぐらいはかかる。 本格的なホームページは作れないが、このページはホームページビルダーと無料のサーバーで立ち上げている。 HTMLとCSSでプログラムができれば、もっとかっこよくできるが、他にやりたいこともあるので、このまま継続する。

2021年10月27日

 

祭の世話役

広瀬では神事が年4回あって、山辺地区の神主に自治会は頼んでいる。  山辺地区の神社の中心は天理市にある石上神宮である。 現在は天理市であるが、古くは山辺郡石上郷に属する古留山の西北麓に鎮座している。  広瀬の熊野神社は奈良県神社庁天理山辺連合支部に属している。 今年も2か月余りとなると神社暦が気になる。 この暦は各神社で発行をされているが、発行編者は土御門文書編纂所である。 神社の一覧表が違うだけで他はほとんど同じである。 安倍晴明を祖とする直系の土御門家が存続の危機にひんしているという。 子孫はいるが、継承の意思はなく、星で吉凶を表す暦づくりが途絶える可能性が出てきた。 陰陽道はフィギュアスケートで脚光を浴びたが、イメージが先行し、にせ陰陽師が頻繁に現れるようになったそうである。 各神社は土御門文書編纂所から買い求めているので、神社暦が無くなるかも知れないのである。 さて、祭の世話役であるが、来年の当番になった。 正月の神社のしめ縄を飾ったり、門松を立てる。 年4回のお供え物の準備を二人でする。 お供え物の塩サバを調理する必要もある。

2021年10月27日

 

自動車の車検

乗用車の車検の連絡がいつもの整備工場からありました。 代車を用意してくれていました。 自動車にはあまり興味がないので詳しくは知りませんが、最近の自動車は押しボタンでエンジンの始動・停止をおこなうようです。 アクセルの感覚が慣れないので車庫入れをして多分乗りません。 3日間は軽トラのみの運転になりそうです。 直前にタイヤ交換・バッテリー交換・オイル交換を済ませているのでちょっとは安くなるかと思っています。 車検が終われば、遠出もしたいものです。

2021年10月26日

 

タマネギの苗

10月25日は久しぶりの雨でした。 雨が上がればタマネギの苗の定植です。 今回は、畑の近くに住むおばさんにタマネギの苗を頼まれていましたのでまとめて買ってきました。 超極早生を100本欲しいということでした。 私は超極早生を200本、晩生を300本です。 中生は安いのですが、今回はやめました。 種まきをした苗も育ってきましたのでこれを使います。 こちらは中生で普通栽培です。 サラダに使う赤タマネギは種からです。 ホームセンターも色々あって、苗の管理の悪いところへは行きません。 高くても元気な苗を買ってきます。 タマネギ・サツマイモは管理が悪いと枯れてきます。 前回、苗が良かったので「農業屋」へ行きました。 今回の苗は100本で990円です。 苗1本が約10円で耕運機の燃料代・肥料代も入れると30円ぐらいにはなるでしょう。 1個70円のタマネギと比較してコスパは大したことはありません。 春先の採れたての新タマネギを食べたいので作るわけです。 あとは貯蔵用です。 まだ今年の収穫をしたタマネギを食べています。 芽が伸びているタマネギは葉っぱだけ切って使っています。 最後は玉のまま植えておけば分球して育ちます。 これは、自家消費です。

2021年10月26日

 

内蔵型SSD

464GB・内蔵型SSDが到着しました。 梱包を開けてから分かったのですが、接続のSATAケーブルは付属していません。 仕方がないので、ほとんど使わないDVDドライブのケーブルを外して接続をしました。 ハードディスクよりSSDにコピーをおこない、クローンディスクを作成しました。 約1時間ぐらいの作業です。 次は起動ドライブの変更です。 SSDは認識がされているが一覧表に出てきません。 最終的にはハードディスクを起動ディスクから無効にして作業完了です。 Windowsの立ち上がりの速さが実感で分かります。 これで、バックグラウンド処理があってもストレスがなく作業ができます。 起動ドライブの変更はBIOSの変更でおこないますが、現在はUEFIになっています。 UEFIの説明書はありませんのでネットで調べるしかありません。 UEFIはマウスでも操作できるので使いやすいですが、機能を理解していないとパソコンが動かなくなる場合もあります。 内蔵型SSDの使用量は203GBで空きが260GBで問題なさそうです。 ディスクにはアプリが主でデータはパソコンにはほとんど保管しません。 データはNASに入れていて複数のパソコンからアクセスできるようにしています。

2021年10月26日

 

URLの変更

来年4月のサーバーのサポート中止によりサーバーの変更を行いました。 久しぶりにリンク先の設定変更をおこなっています。 古いリンク先の登録をされていますと更新がおこなわれません。 来年の9月にはwebcrowのサーバーは完全削除されます。 グーグルマップの「ウェブサイトを開きます」の登録も変更になっています。

2021年10月25日

 

夏野菜の後片付け

トウガラシとピーマンは元気がなくなってきたので引き抜きました。 遅くから植えたキュウリが伸びてきましたのでそのままにしています。 多分、無駄だと思います。 苦土石灰と堆肥を蒔いて耕しました。 11月に植える予定のタマネギの定植に使えます。 11月はスナップエンドウの種まき・葉物野菜の種まきもできます。 残念なことは雨が降らないので種まきはできません。

2021年10月23日

 

外付けSSD

IT関係の話ばかりになるが、昨日外付けSSDを買ってみた。 前回の6000円の外付SSDはお店に無かった。 たまたま5000円のギフト券があったので5000円ほど足した。 残念ながら内蔵SSDは無かった。 買ってから分かったのであるが、説明書を読むと起動用ドライブとしては使えませんと書いてあった。 外に書いて欲しかった。 半分がっかりである。 データのバックアップには使える。 メインのパソコンのデータのバックアップは前から必要であった。 安いSSDのパッケージをみると接続のケーブルがないものがあった。 くれぐれもSSDはハードディスクの代わりにならない物もありますので注意をしてください。 さっき、アマゾンでクルーシャルのSATA接続のSSDを発注しました。

2021年10月23日

 

Office 2010 のサポート

Windows11にアップデートしたらOffice 2010が消えたという話がネットに載っていた。 Office 2010は2020年10月13日に延長サポートが終了している。 マイクロソフトに問い合わせても無駄だと思います。 早めにMicrosoft365またはOffice2019への移行を検討したほうが良さそうです。 プレインストール版は他のパソコンに移せない(ライセンス契約違反)ので注意が必要です。 私はAccessとPowerPointも使いたいのでMicrosoft365 Apps for business を使っています。 これは、Personalでも構いません。

2021年10月21日

 

Windowsの起動ドライブ

ノートパソコンには起動ドライブとしてSSDに変更しているが、Windowsが立ち上がってすぐに使えるのがいい。 アプリの起動も早いのでストレスなく使える。 10年以上になる32ビットのFM-Vをお店で使っているが10分ぐらいはディスクの使用率が100%で落ち着くまでそのままにしている。 いろんな人から、最近パソコンの動きが悪くなったと聞く。 買い替えが一番であるが、先ずはメモリーが4GBであれば8GB以上に追加または交換する。 メモリーはいろんなタイプがあるので、デスクトップかノートパソコンかで違う。 規格はDDR4・DDR3・DDR2・DDR・SDRAMがあり規格が違うと使えない。 さらに細かい規格があって注意が必要である。 次は起動ドライブであるが、新しく買うのであればSSDが良い。 安ければ、アマゾンで5000円からある。 容量は250GB/500GB/1TBなどがある。 今入っているハードディスクと同じでよい。 多いからといって早くなるわけではない。 買わなくても早くする方法はWindowsの再インストールである。 これは、Windowsアップデートでゴミが溜まっているのである。 レジストリーのごみも影響している。 ウイルス対策ソフトはWindows10に機能があるので不要である。 外すと驚くほど早くなる。 デフラグも有効かもしれない。 あとは、チューニングで早くなる場合もある。 起動後に自動で動くソフトも不要であれば止めたほうが良い。 ユーチューブで紹介されているので参考にしたらよい。

2021年10月21日

 

エシャレット

2021年10月19日

9月に植えたエシャレットが大きくなってきました。 収穫は来年の4月頃になります。 ややこしいのですが、日本のエシャレットはラッキョウを生食用に軟白栽培されていて「エシャレット」の商品名で販売されることが多い。 間違いが多いので本物が欲しい場合は「ベルギー・エシャロット」と明示されているものを選ぶそうです。  球根は細長く見分けはつきます。 エシャロットは小さいタマネギです。 ヒガンバナ科、ネギ属、タマネギ種でタマネギの仲間です。 近い仲間はニンニクやリーキ、チャイブ、ラッキョウだそうです。 エシャレットは、タマネギのように太くならず分球します。 これは、ラッキョウです。 あとで、気が付いたのですがラッキョウならたくさん植えていてがっかりしています。 今までのラッキョウは小粒で、これは大粒のラッキョウだったので使えなくも無いなと思っています。

2021年10月20日

 

湖東三山 百済寺

2019年11月21日

2019年11月21日  天気はいいがかすんでいる

2021年10月18日 空気が澄んでいるときは太郎坊宮・安土城・比叡山・琵琶湖の湖水面・比良山系が見える。  真ん中のとがっているのが比叡山。近江最古の仏教寺院で往時は多くの坊があった。 1573年の信長の焼き討ちによりほぼ全焼し現在の建物は近世以降の再建である。  五木寛之の百寺巡礼にも紹介がされている。 参道には1000本ものミツマタが植えられていて紅葉以外にも4月のミツマタの鑑賞も良い。

2021年10月20日

 

湖東三山 西明寺

2019年11月21日

2019年11月21日

紅葉まではまだであるが、少し色づいていた。 人が少ないときに庭園の散策もいいものである。 以前、落書きの問題があって本堂の後陣は8月~11月の土日・祝日のみの公開となっている。 文化庁の通達もあり、管理上の問題、つまりは少ない人数では多くの職員を配置できないとのこと。紅葉の名所であるが、花の名所なので四季のいずれも出かける楽しみがある。

2021年10月20日

 

湖東三山 金剛輪寺

2019年11月21日

2019年11月21日

久しぶりに湖東三山へ行ってみた。  金剛輪寺の本坊である明壽院庭園には藤袴が見頃である。 藤袴は9月から10月にかけて咲く秋の七草の一つである。 藤袴は見る機会が無くなって見ても名前が分からない人も多いと思う。 アサギマダラはこの季節は日本列島を南下中である。 青く輝く美しさと優雅な飛び方で人気がある。  スマホをズームして写したのでうまく撮れていない。

2021年10月20日

 

キンモクセイ

2019年9月29日 自宅の庭

 

さといもの収穫

里芋は山野で自生するヤマイモに対して里で栽培されるので里芋という。  先日、東大阪の立ち飲み屋さんに立ち寄った時に今年の里芋がおでんの中に入っていた。 有名な大野芋で例年は11月にならないと入らないが今年は早かったようである。 特徴は粘りが強く、のど越しが良い。 荷崩れしないので煮物やきぬかつぎに合う。 親芋は粘りが少ないのでコロッケなどによいそうである。 自家栽培の里芋は芽出しをおこなっていないので、11月になってからの収穫になる。 里芋はめったに花が咲くことはないので、品種改良で種を採ることはかなりの手間と時間がかかる。

2021年10月20日

 

NTTドコモ 携帯電話 通信障害

10月14日 午後5時頃から突然、スマホが圏外になって使えなくなった。 一時は動いたが午後10時になっても復旧していない。 午後7時57分に復旧したと発表があったそうであるが完全復旧ではなさそうである。 ネットのニュースでは全国規模で復旧のめどがたっていないようである。 原因はネットワーク工事の切り戻しに伴う信号量増大によるネットワーク輻輳と発表している。 ネットワークのスイッチングハブに負荷がかかって、「パケット」と呼ばれる通信データが正常に送受信されずに消失することがある。「パケット」を正常に送信できるまで再送信し続けるため、さらに通信速度が低下をする。 テロにでもあったのかと思った。

2021年10月14日

 

Windows11のメモリ使用量

OSは一般的に新しくなるとメモリ使用量が増加する。  8GBのRAMでWindows10を動かしているが、使用中は2.8GB、利用可能が5.1GBである。 Windows11になると使用中は3.9GBまで増えて、利用可能は3.8GBである。 これをアプリを動かしていない状態で計測してみた。  常時4GBぐらい、OSにメモリがとられ残りの4GBでユーザーのアプリ・OSの非常駐部分が入る。 4GBでも仮想記憶にすれば動くが、動きは鈍くなる。 足りない部分はハードディスクやSSDにページングされる。 4GBのRAMではWindows11は厳しいと思われる。 年末に新しいパソコンを買うのであれば、メモリは8GBは最低限必要である。 できれば16GBにしたいところである。 年末商戦にはどんな仕様のパソコンがでるであろうか。 5年以上前の多くのパソコンはWindows11が動かないと言われていてパソコンの需要が増えそうである。 間違ってはいけないのがWindows10は2025年10月14日までサポートされ、まだまだ立派に動くのである。

2021年10月13日

 

デスクトップの背景

背景は好みもあって色々変更をする人も多いかと思う。 私はこだわるほうではないのでインストールの初期画面のままである。 Windows2000まではデスクトップにWebページが表示できたがセキュリティを低下させるためVista以降は廃止となった。 動画を再生することもできたが、これも廃止になった。 画面の関連の話であるが、「スクリーンセーバー」を使うか? 会社では席を離れて関係者以外にみられては困ることもあり、スクリーンセーバーを使うことは多いと思う。 復帰するときはログオン画面を表示させるとセキュリティは安心である。 displayがCRT(カソードレイチューブ)の時代は画面が焼きつくので必ずスクリーンセーバーの設定をしていた。

2021年10月12日

 

草刈り

10月になり、草の伸びは衰えてきたようである。 それぞれの圃場は年内最後の草刈りになると思われる。 ここ数年5枚で2500円のチップソーを使っているが、1枚が1日で切れ味は悪くなる。 ユーチューブでは初心者向けとか言っていた。  別に初心者扱いでも構わないがメーカー表示の5倍長持ちしますは、話に無理があります。  石の多いところはチップが直ぐに飛ぶ。 安物なので研いでまで使うものでもない。 軟らかい草の多いところなのでこれでも構わないが、下草刈りや笹の多いところではもう少しいい刃を使いたい。 せめて1500円ぐらいのは欲しい。 切れ味が悪くなると力が入って疲れも増す。 67歳の現在は踏ん張りもきくが70歳になったら体力の衰えを今まで以上に感じるであろう。  重量の軽い刈払機で楽に草刈りをしたい。 先日買った23㏄の刈払機は軽いので、使う機会が増えた。 平地で面積が広い時は大きな刃で26ccを使う。

2021年10月12日

 

竹藪の整理

夏の間、中止していた竹藪の整理を再開しました。  2年がかりで2反(1反は10アール)の竹藪の整理をおこないます。 今回は真竹の竹藪です。 昔はショウケ(竹で編んだザルのこと)などの竹細工、物干し竿に使っていました。 現在は畑の豆類を植えるときに使っています。(地元では「テー」と言います) イボ竹と同じ使い方です。 竹割り器を使えばアーチパイプの代わりになります。 折れにくいのでパイプよりもいいかもしれません。  目盛りを入れれば物差しの代わりにもなります。 種まきや苗を植えるときに便利です。 タケノコとしても使えますが、孟宗竹のように掘らずに地上部を切って使います。 破竹と同じような使い方になります。 パンダのエサは孟宗竹で、真竹は好みではないようです。

2021年10月11日

 

キーボード設定

日本語でWindowsを使う場合はキーボードは日本語106/109キーボードとして認識される。 ところが英語101/102キーボードを使うときはそのまま使うと当然であるが違う文字が入力される。 アルファベットは問題ないが特殊文字の@は「が入力される。 表示の@を日本語で入力すると”が表示される。 日本語を入力しないときは英語に切り替えて入力する。 @はメールアドレスの入力に使うことが多いので不便である。 そこで米国英語を言語追加した。 Windowsを起動させた直後はIMEの位置にはENGの表示がされる。 IMEに切り替えるにはWinキーとスペースキーを同時に押すと言語が切り替わる。英語101/102キーボードはキーが少なくキーボードが小さいので気に入っている。 デスクトップ用には操作の快適さがが優先なので大きくてもよい日本語106/109キーボードを使っている。 他人が使うこともないので変わった使い方も頭の刺激になって面白い。

2021年10月11日

 

古いパソコンにWindows11をインストール

インストールメディアをUSBに作成します。  BOOTをUSBよりおこないます。 レジストリーの書き換えによりWindows7で使っていたノートパソコンにWindows11のインストールができました。 レジストリーの書き換えはサポート対象外になります。 TPMCheck,RAMCheck,SecureBootCheckの規定値を0から1に書き換えてbypassします。 変更方法は公式には発表されていませんが、海外の情報からユーチューブで流れています。 動きが悪いかと思いましたが、ストレスなく動きますのでこのままWindows11で動かしてみます。 もう一台のノートパソコンはWindows10のままで動かします。

2021年10月9日

 

iPhone13

iPhone13が販売されましたが、既存のユーザーの7割が買い替えを考えていないようです。 思っていたよりも魅力的でなかったことが考えられます。 高い買い物ですからユーザーもよく見ています。 カメラの機能にこだわらなければ5年でも使えます。 5GにこだわらなければiPhone SEでもいいのです。 iPhone8を修理に出して使っていますが問題はありません。 iPhone SEも使っていますが、iPhone8(現在の実売価格は22000円ぐらい)よりも性能が良さそうです。 iPhone SEであれば49800円からです。 iPhone13は98800円から、iPhone13ProMaxは134800円からです。 スティーブ・ジョブズが亡くなって10年になります。 iPhoneはガラスでできているので、傷がついたり割れることもある。 デザインもほとんど変わらない。 最初の試作品はプラスチック製ですり傷がつくような製品は売らないと言ってスクリーンをガラス製に変えさせた。 生きていたらどうしていただろうか? 今もそのままである。

2021年10月8日

 

Windows11

10月5日にWindows11が発売されました。 Windows10から無償アップグレードが可能ですが、6月にアナウンスされてからシステム要件の厳しさは変わっていません。 手持ちのパソコン3台でアップデートできるのは1台のみです。 1台はインサイダープレビューで既にWindows11をインストールしています。 7月5日にプレビュー版を使って3か月になりますが、巷で言われれるようなトラブルは発生していません。 正直なところある程度の性能の高いパソコンでないと使いづらいのではないでしょうか。 操作方法も変わっていますので、仕事に使われる方は慣れ親しんだWindows10を使い続けるのが良いと思います。 昔から言われていることですが古いアプリケーションや機器を繋ぐとドライバーが対応していない場合があって誤作動する場合もあります。 Windows10は2025年までサポートがされます。 新しいことにチャレンジしたい人やトラブルがあっても自分で問題を解決できる人であれば使うのもありかなと思います。 推奨されないパソコンにインストールを試みましたが、途中でエラーメッセージが出て中止しました。 レジストリーを書き換える前だったので今まで通りWindows10を使うことにしました。 変わったところをいくつか紹介します。 タスクバーに日付と時刻が表示されますが、曜日が出ません。 これは標準では省略されているためでコントロールパネルから変更ができます。 メディアを安全に取り外す操作が不要になりました。 今まで通りの操作もできます。  スタートボタンを押すとタイル画面がありましたが、完全に消えています。 おすすめが表示されますが、個人的には目ざわりで必要がありません。 タスクバーからタスクマネージャーが消えました。 Cntl+Shift+Escでタスクマネージャーが動きますが、よく使うのでタスクバーに固定しました。 IE11(インターネットエクスプローラー)は完全に消えました。 マイクロソフトはEdgeを使ってくださいと言っていますが、私はGoogle chromeとFirefoxを使っています。 コルタナ(Cortana)も消えました。 虫眼鏡(検索ボタン)のアイコンをクリックすれば使えます。  エクスプローラーでホルダーやファイルの名前を変更することが多いのですが、名前の変更が一覧になく画面の下にあるアイコンをクリックすることになります。 写真を編集することが多いのですが、エクスプローラーで左や右に回転ができるようになりました。 ウィジットが追加になりました。 天気やニュースを見たいときに使います。 デスクトップの切り分けもあります。

2021年10月8日

 

京野菜

伝統野菜と違って京都府内で取れた野菜を京野菜といいます。 伝統野菜は次の通りです。 野菜ではありませんがタケノコも含みます。 きのこ類、シダ類は含まれません。 栽培または保存されているもの及び絶滅した品目を含みます。 明治以前の導入の歴史を有する。   聖護院だいこん・京みず菜・京壬生菜・加茂なす・京山科なす・鹿ケ谷かぼちゃ・伏見とうがらし・えびいも・堀川ごぼう・九条ネギ・くわい・京たけのこ・聖護院かぶ。 有名な物も多いので、種屋さんに行くと種が売っているものもあります。 ブランド野菜というのがあってさらに高規格のブランド認証基準があるもの。 一番にイメージが京都らしいというのがあります。 伝統野菜以外のブランド認証品目は金時にんじん・万願寺とうがらし・花菜・やまのいも・京かぶ・紫ずきんです。 加茂茄子は京都市内ではなく現在は亀岡市が主産地です。

2021年10月5日

 

伝統野菜

各地には伝統野菜があって、ネギには奈良県に「大和ふとねぎ」があります。 形は下仁田ネギに似ていて天理市・葛城市などで栽培されています。 料理方法は、すき焼・煮物・焼き物にあいます。 種や苗を買うのは、名張市・伊賀市へ行きますので見かけません。  結崎ネブカというのも伝統野菜でありますが、生産地は川西町で煮炊き・豚汁・ぬた和えに良いそうです。 川西町は奈良県以外の人にはあまりなじみが無いかもしれません。 能の観世流の発祥地です。 室町時代に翁の能面といっしょに天から降ってきたネギを植えたという伝説があります。 大和野菜を紹介します。 大和まな・千筋みずな・宇陀金ごぼう・ひもとうがらし・軟白ずいき・大和いも・祝だいこん・結崎ネブカ・小しょうが・花みょうが・大和きくな・紫とうがらし・黄金まくわ・片平あかね・大和三尺きゅうり・大和丸なす・下北春まな・筒井れんこん・味間いも・黒滝白きゅうりの20品目。   大阪も伝統野菜があって今も栽培されています。 毛馬胡瓜(けまきゅうり)・玉造黒門越瓜(たまつきりくろもんしろうり)・勝間南京(こつまなんきん)・金時人参(きんときにんじん)・大阪しろな(おおさかしろな)・天王寺蕪(てんのうじかぶら)・田辺大根(たなべだいこん)・芽紫蘇(めじそ)・服部越瓜(はっとりしろうり)・鳥飼茄子(とりかいなす)・三島独活(みしまうど)・吹田慈姑(すいたくわい)・泉州黄玉葱(せんしゅうきたまねぎ)・高山真菜(たかやままな)・高山牛蒡(たかやまごぼう)・守口大根(もりぐちだいこん)・碓井豌豆(うすいえんどう)・難波葱(なんばねぎ)の18品目。 伝統野菜を使った漬物があります。 二つ紹介します。 四天王寺西むら(東成区東小橋)・・・鶴橋駅からが近いです。 上本町の近鉄デパート、天王寺のハルカス、四天王寺の参道にもあります。 おつけもの処 高野(天王寺区大道)・・・四天王寺の参道にあります。 伝統野菜は自家菜園野菜の一つとして栽培されていることが多く一般に出回ることが少ないものもあります。 紫とうがらしは奈良県下全域で見ますが、自家消費が多いようです。 紫色ですがあぶると緑色になります。 紫色はアントシアニンで体にいいそうです。 生で食べても辛くありません。 赤くなると甘味もあります。 片平あかねは隣の山添村大字片平で栽培されています。 日野菜に似ていますが、皮だけでなく中身も赤いのが特徴です。 不思議なことに他地域で植えても赤くなりません。 宇陀金ごぼうは宇陀市が産地で付着した雲母が光り、縁起物として使われます。 小しょうがは県内各地で栽培されています。 大生姜よりも辛みが強いのが特徴です。 どこの家でも昔は植えていて梅の紫蘇漬に生姜も一緒に入れていました。

2021年10月5日

 

ネギ

ネギの種類は色々ありますが、私は4種類を植えています。 九条ネギ、九条フトネギ、ワケギ、アサツキです。 一般的には長ネギ、下仁田ネギ、深谷ネギ、リーキ、曲がりネギ、葉ネギ、小ネギ、ワケギなどに分類されるようです。 関西では長ネギは九条ネギが有名で「ねぶか」といいます。 白ネギと違って葉っぱも食べます。 白ネギの主産地は関東で千葉・埼玉・茨城が全国の収穫量最上位になります。 大阪は南部の泉州地域が大阪ネギの主産地です。 こちらは、九条ネギに似ています。 九条ネギと大阪ネギの原種は現在の難波周辺で栽培されていた難波ネギとも言われていて、兄弟の関係になります。 もちろん今は大都会で畑などはありません。 鴨肉とネギが入った熱い汁を鴨なんばといいますが、このなんばは難波ネギのことです。 関東では鴨南蛮といいますが大阪では鴨なんばといいます。 関東では西洋人がタマネギの代用としてネギを使ったのでネギのことを南蛮というそうです。 同じものですが呼び方が違うわけです。 鴨なんばというが実際には合鴨か鶏肉です。 ところで、関西では鶏のことを「かしわ」といいます。 これは植物の色で表現されています。 ぼたん=イノシシ、もみじ=鹿、さくら=馬、かしわ=鶏(黄鶏)。 京都では「とり」というと鴨などの野生の鳥ことで鶏肉は「かしわ」といいます。

2021年10月5日

 

水石(すいせき)

盆栽で使われる「水石」が気になるので調べてみました。 若いころから盆栽に興味がありました。 お寺に行くと床の間に「水石」があります。 盆栽好きの祖父が残していた昭和39年(1964年)発行の「盆栽の仕立て方・味わい方」からの参照になります。 「水石」という語は、先人が創り出した造語のようです。 鑑賞用に供せられた石については、盆石・雅石・奇石・珍石という風にいわれていた。 分類としては水石の形は次の通りです。 遠山(とうやま)・・・遠い山容をあらわす。 岩潟(いわがた)・・・岸壁や入江のさまを髣髴(ほうふつ)とさせる。 水溜り(みずたまり)・・・石面に凹みがあり、湖沼をあらわす。 土坡(どは)・・・裾野や平原の景観を見せる姿。 島形(しまがた)・・・島の姿を連想させるもの。 茅舎(くすや)・・・あずまやや田舎家を思わせるもの。 俳味のある姿。 滝石(たきいし)・・・石の表に滝をあらわすもの。 段石(だんいし)・・・段丘をあらわすもの。 姿石(すがたいし)・・・仏者聖人、或いは鳥獣魚貝の姿をおのづからあらわすもの。 後は、水石の産地になります。 名前だけ載せます。 神居古潭石、金山石、小国川石、好間川石、大子石、武尊石、八海山石、秩父石、青梅石、赤玉石、天竜川石、藤枝瀬戸の谷石、菊花石、揖斐川石、賀茂川石、瀬田川石、御影石、鎧石、那智黒石、古谷石、佐治川石、伊予石、梅花石、臼杵石が主な産地です。

2021年10月4日

 

庭木の剪定

お盆のころ以来、庭木の剪定をおこなっていないので天気の良い日に剪定を行おうと思っています。 アジサイは花が枯れたら切ってもよいそうですが、そのままになっていました。 気を付けないといけないのは花芽を切ると翌年に花が咲きません。 「庭木の本」が参考になります。 いつも重宝しています。 手間がかかるのは松です。 年2回は剪定の必要があります。

2021年10月4日

 

キンモクセイ

日中はまだまだ暑さが残っておりますが、朝夕は涼しくなってきました。 秋を告げる花としては人それぞれでありますが、私はキンモクセイを思い浮かべます。 見た目よりは香りです。 離れたところでも結構匂います。 漢字では金木犀と書きますが、中国では意味が異なるようです。 ギンモクセイは「銀桂」、キンモクセイは「丹桂」と書きます。  観光地として有名な「桂林」はモクセイの街という意味です。 桂林には桂林丹桂大酒店というホテルがあるようです。 桂花茶、桂花陳酒などにモクセイが使われています。

2021年10月4日

 

彼岸花

2021年9月13日

 

ハチミツ

ブックカフェひろせに置いているハチミツの在庫が残り少なくなってきました。 ここ数年の間にあまりミツバチを見かけなくなりました。 先の入荷予定はありません。  ミツバチは大きくセイヨウミツバチとニホンミツバチに分かれます。 養蜂家が使っているのはセイヨウミツバチです。 ニホンミツバチは自然のミツバチを捕獲して養蜂をおこないます。

2021年10月3日

 

竹チッパー

竹の整理に竹チッパー(竹 粉砕機)を使っていますが、今年度からは奈良県ではなく山添村で借りることになりました。 早くから要望していましたが、納入まで半年以上もかかるようでとりあえずは中古の竹チッパーのようでした。 ここでも半導体の不足が原因のようです。 竹林整備は新型コロナウイルス対策で休んでいましたが、ようやく再開できそうです。 竹のチップは土壌改良にも使えて竹林に蒔くとタケノコもよく採れるようになりました。 驚いたのはカブトムシの幼虫がたくさんいたことです。 蒔いて1年はいいそうなのですが、2年以上になるとカブトムシは寄ってこないそうです。

2021年10月3日

 

芋茎(ずいき)

2021年9月28日 右側を来年拡張のために草刈りをおこないました。 これは、まだ作業途中です。  幅が4m・長さが20mありますが、この3倍を予定しています。 余ればサツマイモを植えます。

2021年9月28日 赤芽大吉 子芋 一般的なサトイモは「白い芽」ですが、これはセレベス系のサトイモで「赤い芽」をしたサトイモです。 ホクホクとした肉質で軟らかいのですが、難点は長く煮込むと溶けてしまいます。

2021年9月28日 八っ子 親芋・子芋・茎用 八ツ頭のことです。 今回は1本しか育ちませんでした。 今年は食べずに種芋にします。

2021年9月28日 石川早生 子芋用  きぬかつぎに使われます。 大阪府の石川村(現在の河南町)で誕生しました。

2021年9月28日 土垂れ(どだれ) 子芋用 サトイモといえばこれが一番ポピュラーです。 煮崩れしない、粘りがあるのが特徴です。

先週の金曜日に無人野菜売り場の近くの畑にいたら、買い物に来たお客さんに「今頃旬のものですがズイキは置いてないのでしょうか」と聞かれた。 「作っている人に話をしておきます」と返事をした。 昔は自己消費でサトイモを栽培していたのでズイキを食べたのが盆までの夏だった。 数十年ぶりに復活して栽培している。 ズイキは色分けすると八ツ頭の「赤ズイキ」、八ツ頭を軟白栽培した「白ズイキ」、ハス芋の「青ズイキ」がある。 一般的には「赤ズイキ」である。 先ず、「ズイキ」を知らない方には何物かの説明がいる。 サトイモの茎のことである。 生のズイキを乾燥させたものが「芋がら」とも呼ばれている。 水で戻して使うが、生のズイキより歯ごたえがある。  まだ、芋の収穫までは早いので葉っぱを切るわけにはいかない。 おそらく、子芋や孫芋からも芽が出るのでそれを切ったものであろう。 調べてみると旬は6月~8月となっている。 酢との相性が抜群なので、きれいな薄紅色とあっさりとした食味が食欲をそそる。 「きぬかつぎ」は中々洒落た名前ですが、調理方法は簡単なので多くの人が作っています。 細い部分の皮をむいて太い部分は残します。 後はゆでて味噌だれをつけるだけです。 黒ゴマと塩で食べるのもよろしいです。 ゆでれば皮は簡単にむけます。 石川早生が合います。 土垂れは煮崩れしにくいので芋煮に合います。 小ぶりですので煮ころがしにも使います。 赤芽大吉はホクホクとしていますのでコロッケにも使えそうです。 知り合いの人は赤芽大吉が一番好みのようでした。 私は石川早生がいい。 11月になれば大阪の国華園で菊の展示会がある。 晩生のサトイモも出回るので久しぶりに出かけてみたい。

2021年9月29日

 

山添村地域振興券

令和3年7月1日時点において村内に住民登録を有していた方を対象として配布していますと書かれていました。 ブックカフェひろせも使用可能店舗ですので、早速使っていただきました。 昨日は、券の裏にお店のゴム印を押して郵便局に持っていきました。 月1回の締め日で指定口座に振り込まれます。 一人1万円分で私はバッテリー交換で既に使用済みです。

2021年9月28日

 

栗料理

台風が近づいていますので畑を見に行きました。 きょうは、まだ影響がありませんので夏野菜は片づけようと思います。 少し離れた所の畑では栗の実がほぼ落ちていました。 収穫量は例年並みです。 さて、ことしはどうやって食べるのがいいか? 考えられるのが、「渋皮煮」「栗ご飯」といったところでしょうか。 保存をするには皮をむいてフリーザーパックにいれて冷凍をすれば半年は持つようです。 冷蔵保存であれば、栗の汚れを落とし、1日天日干しにしてから新聞紙に包んでビニール袋に入れれば3か月ほど持つようです。 正月に使えそうです。 ところで、鬼皮を剥いて素揚げすれば渋くはないのでそのまま食べられます。 ちょっと塩をふれば酒のつまみになります。

2021年9月28日

 

トーストは何枚切り?

2014年8月31日 モーニング喫茶・リヨン

2014年8月31日 モーニング喫茶・リヨン

2014年8月31日 モーニング喫茶・リヨン

2014年8月31日 モーニング喫茶・リヨン

2014年8月31日 モーニング喫茶・リヨン

朝食はトーストという方は何枚切りを買うのだろうか? 明治時代にイギリスやアメリカから伝わったパンの焼き型を使って焼くと1ポンドになるそうである。 尚、1ポンドは約450グラムである。 ポンドを英斤と呼んだことから食パンは斤で呼ぶそうである。 現在は、もう少し小さく350~400グラムであり、製パン業界では1斤を340グラム以上と定めている。 スーパーやコンビニで見かける食パンは4枚切りから12枚切りである。 私は6枚切りを買うが人によってまちまちである。 カリカリが好きな人は8枚切り、モチモチとした食感が好きな人は6枚切り、さらにサンドイッチには12枚切り、中には8枚切りを半分に切って16枚切りでサンドイッチにする人もいる。 家族が多かったらさぞかし大変であろうと思う。 地域によっても異なり、関西では5枚切り、関東では6枚切りが好まれる。 この違いは関西は粉もの文化によりふっくらとしたもの、関東はおせんべいのようにカリカリとした食感が好まれるからという話がある。 名古屋へしばらく行っていないが、トーストといえば名駅(名古屋の人は名古屋駅を名駅という)にあるリヨンである。

2021年9月24日

 

パソコンのディスプレイ

10年前に買ったノートパソコンを今も使っているが、キーボードは動かなくなったのでUSBでキーボード接続している。 最近になってディスプレイの表示が不安定になる時がある。  本来であれば買い替え時かもしれないがメールやインターネット検索・YouTubeの視聴に問題はないのでヨドバシカメラでディスプレイを買った。 ノートパソコンのディスプレイは14インチで新しいディスプレイは22インチである。 テレビではないので、2万3千円はお得な感じがする。 Windowsのディスプレイ設定でディスプレイを選択してノートパソコンの表示をしないようにした。 ノートパソコンはすっかり据え置き型になってしまった。 画面が大きくなると広く使えて使いやすくなった。 CPUはインテルのcore i5-2450M(第2世代)であるが、Windows11でもISOファイルであればバージョンアップができそうである。

2021年9月23日

 

野菜の栽培

2021年9日20日 ハクサイ 中生(85日)

2021年9日20日 キャベツ 春キャベツ

2021年9日20日 コールラビ

2021年9日20日 タマネギ ネオアース 中晩生

2021年9日20日 タマネギ 絹てまり 極早生

2021年9日20日 タマネギ サラダ赤タマネギ

2021年9日20日 クレソン

ダイコン・ニンジン・日野菜などの根の弱い野菜は直播にします。 他はプランターに蒔いて育てます。 一般的には育苗セルや苗ポットに蒔きます。 タマネギはサツマイモの収穫後に植えますので時期的に9月の上旬に蒔くのが合います。 植付けまで2か月後の11月なのでサツマイモの収穫は終わっています。 トウガラシ・ナスも11月には片づけています。 空いたところにはキャベツ・ハクサイを植えます。 9月上旬に蒔いた種は全て芽が出ました。 今回はクレソンを蒔いてみました。 水田跡の湿地に植える予定です。 ソラマメは準備ができていますが種まきは10月になってからです。 2週間ほどずらして2回蒔く予定です。

2021年9月20日

 

野菜の高騰

プロショップへ調味料を買いに行って「ハクサイ」の値段をみました。 一玉が900円でした。 例によっておねだんノートを見てみます。 1/4カットが190円で前週より+32円です。 8月16日~8月29日は317円で前年より+181円です。 7月28日まで135円だったので、驚きの値上がりです。 北海道や長野の入荷が少ないのが影響のようです。 長野のレタス・ハクサイは「ひょう直撃」・日照不足で高騰しています。 レタスの多くは収穫できず、廃棄になり、苗から再び育てることになります。  北海道は他の野菜も高いのですが、記録的な猛暑と6月、7月の雨不足による干ばつです。 ハクサイは種をまいてから2か月~3か月かかります。 しばらく影響が続くのではないでしょうか。 ジャガイモは干ばつに強いと言われますが場所によっては平年より3割ぐらい収量が落ちているようです。 来年のジャガイモの種芋にも影響します。

2021年9月18日

 

栗の収穫

2021年9月13日

2021年9月13日

早生の栗の収穫をおこなっています。 落ちた栗を探すのは手間がかかりますので草を刈るかブルーシートを敷くと良いかもしれません。 栗ご飯には約3合のお米に栗400g(約19個)で写真の量で足ります。 ところで、栗は果物です。 農林水産省が作物を分類するときに、樹木になるものを果樹としています。 果樹という呼び方が馴染まない場合においては、「果物」や「果実」と記載していることがあります。

2021年9月18日

 

サルスベリ

2021年8月5日 百日紅(サルスベリ)

 

iPhone13の発売とiOS 15のリリース

iPhone13は9月24日に発売の予定であるが、あまり変更はなく来年のiPhone14まで待ったほうが良いという話もある。 昔ならiPhone12Sと言いたくなる。 ・iPhone14で本体の形状が変わる。 ・CPUのプロセスルールが今より細かくなる。 ・新しいラインナップが増える。 といった話がある。 ドコモは2021年8月27日以降に扱うモデルについては、SIMロックをかけずに販売するルールに変更している。 シムロック解除の問題はなさそうである。 iOS は最新版が14.8である。 iOS 15は9月21日にリリースされる。 iOS 13およびiOS 14に対応したすべての端末が、iOS 15にも対応している。 iOS 15での新機能はFaceTimeに「SharePlay」という機能が追加される。 FaceTimeを使って会話をしながら同じ音楽や映画を楽しむことができるようになる。 高価格の機種はカメラの機能でスマホにそこまで必要かと思うぐらい進化した。 デュアルカメラというのが搭載されていて超広角カメラとして使えるようである。 ブログの写真はほとんどスマホで撮影している。 一眼レフカメラの出番はほとんどなくなった。

2021年9月18日

 

四つ巴

最近、自民党の総裁選挙でマスコミが『四つ巴』という言葉を使っているのを見て違和感を感じた。 慣用句として使われるのは「三つ巴の戦い」である。 「四者入り乱れて」などというのが正しいのではないかと思う。 巴は家紋に多く利用されていて一から九まであり、間違いではないが、「四つ巴」という言葉を慣用句として使うのはまだまだ一般的ではないような気がする。 一言いいたくなるのは私も年寄りになったのか?

2021年9月18日

 

肥満

最近、太り気味でズボンのサイズが合わなくなりユニクロへ行ってみた。 今までウェスト91cmのズボンを買っていた。 40年前はウェストが76cmであった。 タンスの中は着られなくなったスーツが並んでいる。 5cmぐらい伸び縮みするゴムタックがありがたい。 初めて気が付いたのであるがお店にはウェストが91cmを超えるサイズはないのである。 この場合はオンラインショップよりお取り寄せになる。 店頭受け取りであれば送料は無料である。 因みに男性用のサイズは28~36インチ(71~91cm)が店頭に在庫をしている。 取り寄せは最低3日はかかるようであった。 お店に到着の連絡はメールでお願いした。 フォーマルウェアも86cmで作っていたので作りかえた。 八尾では青山へ行っていたが、間違って名張では隣の青木へ行ってしまった。 名張店はどちらも初めてである。 どっちがいいのだろうか? 青山へ行くと2着セールで思わず2着買ってしまったが、青木では1着のみである。 量販店はどちらも似たり寄ったりで青木で買った。 人の話ではミドルは青山で若人は青木が多いという。 礼服はミドル・若人の区別は無いように思う。 ところで、サイズが大きくなると値段も高くなった。 肥満は良いことは何もないので体重を減らす必要がある。

2021年9月15日

 

iOSのリリース

アンドロイド端末の方には興味がないと思いますが、iPhoneユーザーは秋のアップデートが気になります。 現在はiOS14.7.1が最新版です。 次のバージョンアップはiOS15です。 iPhone13が販売されるのが9月17日と噂されています。 iPhone12ProMax516GBが165,880円です。 こんなの誰が買うのだろうか? 因みに私はiPhone-se(第二世代)128GB約55,000円とiPhone8を使っています。 iOS15はiPhone6s以上であれば使えます。 iPhone-se(第二世代)はiPhone8とかなりの共通部品を使って安くしています。 CPUはA13なのでiPhone8のA11よりは性能アップしています。 iPhone8は現在22,000円ですが、サポートを考えると買うかは人それぞれである。 あと2年はアップデート可能だと思います。 バッテリー容量が75%になりましたのでバッテリー交換に出しています。 まだ使えます。

2021年9月12日

 

Windows11の発売

リリースがアメリカ時間の10月5日と発表されました。 Windows10からのアップデートはハードウェア環境の制限が厳しく6月25日のスペックと変わっていません。 アップデートができないパソコンがかなり発生すると予想されます。 しかし、抜け道があって『ISOファイル』からですとインストールができると思われます。 どちらにしても古いパソコンはインストールのハードルが高くなります。 Windows11のプレビュー版を動かしていますが、個人的には問題は起こっていません。 使いづらいところもありますが慣れると使えます。 バージョンアップのたびに操作が変わるのは迷惑な気がしますが、これはマイクロソフトの方針です。 現在のビルド番号はBuild 22454.rs_prereleaseになっています。 9月5日にはco_releaseからrs_prereleaseに変わり最終段階に入った様子です。 タスクマネージャーが消えてしまったのでタスクバーに貼り付けました。 段々とユーザーにシステム部分を触らせないように隠すようになってきました。 隠されると余計にどこにあるのか、代替をどうするかと考えるようになります。

2021年9月12日

 

アユの網漁

アユは漢字で鮎と書きますが、これは日本での意味になります。 中国では『ナマズ』の意味になります。 日本ではナマズを鯰と書きます。 これは、国字になります。 8月15日に解禁になりましたが雨の日が多く、上流のダムの放流で今年はあまり網漁を見かけません。 一昨日はひさしぶりに見かけました。 昔からカゲロウが飛ぶとアユが下りてくると広瀬の人はいいます。 話の通り、カゲロウが飛びました。 アユが下り始めました。 まだ完全に色が変わっていませんが、子持ちのアユもいるようです。 今年は放流のアユよりもダムから遡上した20cmほどの小ぶりのアユが多いようです。 大きいのがいいと言う人もいますが、私は骨も固くなく食べやすいと思います。 天然ですので身がしまっていて養殖のぼてっとした脂っこいアユとは違います。 放流のアユは鵜やサギに食べられたのか見当たりません。

2021年9月12日

 

ニンニクの栽培

昨日、ニンニクを植えたがいつもよりたくさん植えた。 いろんな作物を作ったが、ニンニクは買えば高いので栽培するとコストパフォーマンスはいいように思う。 野菜のコスパについて考えてみます。 判断の基準は重量・栄養価・保存性・メイン野菜であるかなどになる。 1位はダイコンである。 今は1本が200円するが、重量を考えるとお得である。  2位はキャベツである。 安くて200円ぐらいでしょうか? いろんな調理方法がある。  3位はカボチャである。 今年は10本ほど植えたので知り合いにもあげて喜んでもらった。 野菜ではありませんが、イモ類もコスパが良い。 妻はサツマイモが高いと言っていたので大阪へ行くときに持って行く予定だ。 サトイモもコスパが良いのではないか。 あと2か月は畑で育てなければならない。 4月の下旬に植えて半年以上も畑を占有するので、他の作物を後で植えるのは難しい。 収穫の後は畑を休ませる。

2021年9月11日

 

黒にんにく

ご近所では『黒にんにく』が密かなブームとなっている。 何度かいただいたが、臭くなく羊羹のような感じであった。 電子ジャーを使うらしいが、最近は黒ニンニク発酵器として販売されている。 因みに炊飯器と書かれているが炊飯はできないようである。 炊飯器では2週間かかるが、黒ニンニク発酵器は1週間でできるらしい。 炊飯器では毎日上下をひっくり返すが、黒ニンニク発酵器は手間がかからないようである。 ニンニク同士がくっつかないのでべたついたりしないので専用機は良い。

2021年9月11日

 

青じその穂

2021年9月10日 青じその穂

庭に植えている青じそに穂が出てきました。  天ぷらにして食べるのが合っているが、塩漬けや醤油漬けにするのもいい。 奥は赤紫蘇である。

2021年9月11日

 

サンマ

スーパーでサンマが2匹400円で売っていた。 鮭の切り身を買ったほうがいいかと思ったが、食べたいので買った。 あのピカピカと光る色がいい。 回転寿司にサンマの握りが150円でメニューにあったがこちらはやめた。 カンパチも150円である。 サンマは焼いてはらわたも一緒に食べるのがいい。 日本酒にも合う。 サンマが無理ならアジ・イワシ・サバで我慢である。

2021年9月11日

 

茗荷

茗荷の話は何度か取り上げたので今回は食べ方である。  きざんでソーメンの薬味や味噌汁の具として合う。 あとは一般的には甘酢漬けである。 熱湯で2分ほど茹で10分ほど甘酢に漬ければ出来上がり。 タコと一緒に食べてもいい。 先日、回転ずしに行ったらタコは一皿150円になっていた。 タコは随分高くなった。  最近は閉まっていて行かないが立ち飲み屋さんからタコが消えて久しい。 一皿が500円までで提供されるのが基本である。 一品300円あたりが多い。 お刺身は400円・500円あたりである。 毎日行く人がいて千円で抑えるとなると酎ハイと酒の肴が一品ぐらいであろうか。 馴染みの居酒屋さんは春から休業をされている。 緊急事態宣言は12日から30日までまた延びた。 奈良はどういうわけかまん延防止宣言をおこなっていない。 大阪から居酒屋さんへお客さんが来ているという。 さて、ミョウガの話に戻るがミョウガご飯もなかなかいい。 簡単には炊いたご飯に大葉とミョウガを混ぜるという方法もある。 ほとんどフリカケである。 秋の茗荷がそろそろ収穫なので、今日は油揚げを入れてミョウガご飯にチャレンジである。 ミョウガは年中あるがハウス物で辛い。 しかし路地物は生で食べても辛くない。 たくさんあれば洗って冷凍保存をすると薬味として使える。

2021年9月11日

 

ガソリン満タン

ガソリンを満タンにして何㎞走るか? ハイブリッド車ではないので、大したことはないのであるが、タンクは60ℓで約780kmの表示が出る。 高速道路を走れば別だが、高低差やカーブの多い山道を走るのが主なのでこんなものであろう。 千葉の鴨川シーワールドまで行ったときは、こんなに走れるのかと感心したこともあった。 給油なしで千葉まで行けるのである。 高速道路で燃料不足は最悪である。 JAFを呼びたくない。  乗っている軽トラは満タンで約30ℓ燃費が約16km(480km走行可能)ぐらいである。

2021年9月10日

 

タイヤの交換

最近のことであるが、乗用車のタイヤがバーストして他のタイヤも減っていたので4本とも交換した。 走行距離は6万5千kmで2回目の4本タイヤ交換である。 実際にはパンクで2本を途中で交換している。 ネットで調べたらタイヤのスリップサインが現れるのは1.6mmで道路交通法で決められていてそのままでは車検が通らない。 11月には車検を控えていたので交換した。 タイヤはブリジストンであるが、いつもの自動車の整備屋さんはヨコハマタイヤしか扱っていない。 半分ずつブリジストンとヨコハマタイヤが混じっていた。 再びブリジストンで統一した。 高速道路でバーストしていたらと思ったらゾッとする。 先ほどの話では32000kmほどの走行でタイヤの溝は1.6mmになる。 つまりはそろそろ寿命であったのだ。 ついでにバッテリーの点検をしてもらったらそろそろ寿命のようであった。 アイドリングストップのバッテリーなので3万円すると言われた。 通常のバッテリーよりも高く、寿命は半分である。 エアコンは止まるし、大渋滞であれば別だが田舎の道なのでアイドリングストップ機能をオフにしようかと思う。 燃費を選ぶかバッテリーの寿命を伸ばすか悩む。

2021年9月10日

 

赤紫蘇

2021年9月9日 赤紫蘇

梅干しの赤シソはいつもならば8月に漬けているが、遅れて昨日になった。 たくさんあるので根っこから引き抜いたが、背丈が30cmくらいになったら半分ぐらい切って収穫すると再利用できる。 カットしたところから脇芽が出るので収穫量が増えるのである。 来年の種が欲しいので10本ぐらいは残します。 栗の木のところにも植えていましたので来年の心配はありません。 これで葉のみで3kgあります。 枝付きでは倍の6kgになります。 値段のことばかりになりますがアマゾンでは200gが420円で販売されています。 楽天では大原の赤紫蘇(枝付き)が3kg税込3550円です。 つまりは6kgあるので7000円分になるわけです。 3kgで梅干し7.5kgに利用できます。 シソ漬ですが、赤しその20%分の塩を準備しました。 半分で塩もみをします。 水洗いをしてアクが抜けて色が変わるまで繰り返します。 色が変われば残り半分の塩で漬けます。

2021年9月10日

 

冷蔵庫

以前にも家電の話を載せたことがあるが、今回は冷蔵庫である。 2002年に買ったサンヨーの400ℓの冷蔵庫が冷えにくくなったので買い換えることにした。 サンヨーはかつてあった国産ブランドである。 一般的には東芝・シャープなどを選ぶところであるが、あまり耳にしないAQUAというメーカーを選んだ。 あとで調べたらアクアは三洋電機の事業がパナソニックに吸収され、さらに中国のハイアールグループに売却されていた。 パナソニックでは白物家電が重複していたのである。 どういうわけか三洋電機にルーツがある冷蔵庫を再び買ってしまった。 ハイアールグループはアメリカのGEの家電部門も買収しており、白物家電では世界シェアがトップなのである。 昔はGEの冷蔵庫はよく冷えると評判であったが、消費電力はバカにならなかった。  私の選択基準はブランドにはこだわらず機能がシンプルで安ければいいのである。 冷蔵庫を選ぶときは先ずサイズである。 次に価格である。 価格ドットコムを見てみるとサイズは200ℓまでのサイズで50,000円弱、200~300ℓサイズで100,000円ほど、400ℓを超えると200,000円ぐらいとなる。 あとは型式にこだわらなければ、9月から10月は安くなる。 11月・12月は新製品が販売されるときであるが、機能はほとんど変わらないのである。 ケーズデンキできいたらこれ以上展示品以外(在庫処分以外)では安くなりませんと言っていた。 選んだのがAQUAのAQR-V43Kである。 -V43Kの43は430ℓということがわかる。 後ろのKは前製品がJで、在庫があればJのほうが安い。 価格.COMに載っているケーズデンキの値段よりも安く買うことができた。 通販で買うのもいいが私は家電量販店で買う人間なので参考で価格.COMをみる。 400ℓを超える冷蔵庫はコロナウイルス対応で家で過ごす時間が増えていて買う人が増えているそうである。  さて、冷蔵庫の目安容量の計算式を載せてみます。 容量=70ℓ×家族数+120~170ℓ(常備品)+100ℓ(予備) 一人では最低290ℓになります。 4人家族では500ℓが必要になります。 一人住まいで冷蔵庫は400ℓが2台、100ℓ(つまみ、飲み物専用)が1台なので十分です。

2021年9月9日

 

冬野菜の種まき・苗の植え付け

夏野菜は徐々に後片付けをおこなう頃となりました。 天候不順で種まきからおこなったキュウリはうまく育ちませんでした。 トマトも期待したほどの収穫はできませんでした。 カボチャは手間がかからず、うまくいきました。 ナスはベト病にかかりましたが、消毒と剪定で再び収穫できるようになりました。 ピーマン・トウガラシは好調に収穫しています。 近所では早い人が、サツマイモを少し掘ったようです。 9月9日は雨が予想されたので、種まき・苗の植え付けをおこないました。 9月上旬であれば、ハクサイ・タマネギ・キャベツ・ダイコン・ホウレンソウ・ニンジンなどの種まきをおこないます。 ニンニクは青森県産の値段が高いので、中国産と熊本県・福岡県産、自家の苗を植えています。 キャベツは今から蒔くと収穫は春になります。 ネギ類は九条フトネギ・エシャロットを苗から植えました。 エシャロットはネギではなくタマネギの仲間です。 ダイコンは時期をずらして数回に分けて蒔きます。 収穫をずらすのと失敗を少なくするためです。 10月になれば、ソラマメ・スナップエンドウを蒔きます。 別の近所の人がハクサイの苗を植えたか軽トラで通りがかってきいてきました。 ビバホーム、ナフコへ行ったが大きくなりすぎ、元気がないなど思った苗でなかったようで買わずに帰ってきたそうであった。 ビバホームは火・金が苗の入荷日なので日を変えて行ったほうが良さそうである。 私はジュンテンドーやコメリも行ってみますが・・・・。  夜中からの雨で種まきにはいい日になりました。 そうそう、LIXILビバはアークランドサカモトの完全子会社になったので、株式会社ビバホームに変更になっています。 初代の名前に戻ったわけです。

2021年9月9日

 

サーバーのサービス停止 【重要】

現在、4台のサーバーを利用していますが、サーバーの運営会社「ネットオウル」よりメールが届きました。 詳細につきましては「サービス終了までのスケジュールについて」に載せています。 影響としては、.webcrow.jpのサーバーのデータの更新は2022年3月31日まで、アクセスは2022年9月30日までとなります。 2022年4月1日からはサブメインで使っている「kotorin2019.starfree.jp」がメインサーバーになります。 写真有のページのみが、そのまま生き残ります。 他の3台のサーバーの移行作業をおこなっているところです。 早めに最初のアクセスを「kotorin2019.starfree.jp」に変更していただけるようにお願いします。

メールの内容

サービス終了までのスケジュールについて
【2022年3月31日(木) 正午】 
 お客様のサイトへのWebアクセスを停止いたします。 
 2022年9月30日(金)正午までは、サーバーへのFTP接続と 
 サーバー管理ツールの「FTPアカウント設定」「phpmyadmin」機能のご利用が可能です。 
 サーバー上のデータに関しては、 
 サービス終了前に必要なものをダウンロードしてください。  
【2022年9月30日(金) 正午】 
 サービスを終了いたします。 
 サービス終了後は、サーバーへのFTP接続や、 
 サーバー管理ツール・データベースへのアクセスがいっさいできなくなります。

2021年9月7日

 

相次ぐ商品の値上げ

個人的に気になることと言えば、商品の価格です。 10月以降ではマーガリンが5~10%値上げされます。 他に食用油、マヨネーズ、パスタ、コーヒーなどがあります。 原材料の高騰が主な原因のようです。 キュウリが1本70円、レタス1個が211円といずれも先週よりも高くなっています。 こちらは天候不順が原因のようです。 来年の2月にはゆうちょ銀行の一部商品・サービスの料金の新設・改定もあります。 窓口の硬貨取り扱いが50枚を超えると有料になります。 手数料がかかるので今までのように小銭の貯金が難しくなります。

2021年9月5日

 

冬野菜の準備

2021年8月30日 野菜の苗

梅雨の終わりを思わせる雨から一転して快晴の日が続いています。 暑さが厳しいのか日中は、人が歩いていません。 畑を耕してありましたので、野菜の苗を買ってきました。 ネギ・ハクサイ・ブロッコリー・キャベツです。 予め買っておいたワケギ・九条フトネギも一緒に植えます。 週末あたりから再び雨の日が続きます。 ダイコンの種まきは来週ぐらいからおこないます。 今回は15坪分の超お得なダイコン(冬自慢)の種(20mℓ)を買ってきました。 数回に分けて種まきをします。  近所のお年寄りに聞くとダイコンの種まきは彼岸ごろにおこなうのが良いそうであった。 早くまくと水やりが大変だからと言っていました。 収穫は60日~90日で11月下旬から12月下旬になります。 11月23日の稲荷まつりには供物にダイコンを使いますので納得です。 タマネギの種まきも9月です。 今回は3種類買いました。 中晩生のネオアース・極早生の絹てまり・サラダ赤タマネギを準備しています。 タマネギは苗から植えるのが中心ですが、スーパーで販売されない品種は種から育てます。 ネオアースは珍しくはありませんが、苗が足りないときの予備に植えます。

2021年8月31日

 

テッポウユリ

2021年8月28日 テッポウユリ

どこから種が飛んできたのか、自宅の庭に「テッポウユリ」が咲いています。 「テッポウユリ」「シンテッポウユリ」「タカサゴユリ」等のユリの種類があるのですが、区別がわかりません。 これは、「テッポウユリ」だろうぐらいで「シンテッポウユリ」かもしれません。 「シンテッポウユリ」は一般的には「タカサゴユリ」と言いますが、「タイワンユリ」の和名でもあります。 「高砂」は台湾を意味します。

2021年8月28日

 

いかものぐい(如何物食い)

普通の人が食べないものを好んで食べることを「いかものぐい」といいます。 食に関して色々興味がありますが、さすがに「いかものぐい」にはなれません。 日本の沢庵漬・くさや・酒盗は西洋人には、いかものと考えられている。 逆にヨーロッパの特殊なチーズは日本人には、いかものである。 このチーズはイタリア・サルデーニャの「カース・マルツゥ」のことであろう。 詳しくは説明しませんので興味のある方は自分で調べてください。 いかものぐいを漢字で書くと「如何物食い」になるが、漢字変換がうまくいかないので「以下もの食い」に変換される。 これは、IMEオプションで単語の追加をする。 現在は特別天然記念物で捕獲できない「オオサンショウウオ」を食べた人がいるそうであるが、山椒のような香りがするそうである。 世界のゲテモノ料理の第23位は「蜂料理」である。 日本では山間部で食べる人もいて、私自身も小さいころから食べていたので不思議には思わない。 一番多かったのは塩をまぶして油で炒めるのが多い。 見た目は抵抗があるかもしれないが、食べたら美味しいのである。 長野県へ行けば蜂の成虫(クロスズメバチ)がたくさん入った「地蜂せんべい」があるそうだ。 第22位に「ワニ料理」がある。 実際に食べたことがあるが、少し固かったが鶏肉のようにあっさりとしていた。 韓国料理の「ポンテギ」も日本人にはゲテモノ料理に入る。 カイコの蛹を茹でるか蒸して味付けをした料理である。 缶詰でも売っていた。 特有の匂いがするので慣れない人には無理である。 鮒ずし・くさや・ホヤ・ナマコ・マグロの目玉なども初めての人にはゲテモノ料理にしか見えないかもしれない。 こちらは、珍味と言います。 馬肉は日本では馬刺しとして食べるが、英国・米国ではタブー食である。  馬刺しは熊本・長野が有名である。 ショウガやニンニクなどの薬味に醤油をつけて食べるのが一般的である。 「さし」がいいという人が多いが、私は「赤身」である。 田舎に住んでいますと野菜中心の料理で今は珍しい料理には出会えません。 但し、「イノシシ」「シカ」は別です。 イノシシ肉の焼肉・シカ肉のから揚げは美味しいと思います。

2021年8月24日

 

金剛山

金剛山 2008年8月17日

金剛山 2005年2月12日 出迎え不動さん 葛城二十八宿の二十一番目の経塚です。 金剛山湧出岳・近くには三角点があります。 三角点は山頂ではないところもあります。

金剛山 2005年2月12日

ここは、富田林方面が見えるところで正しくは頂上ではありません。 山頂は葛城神社の神域で入ることはできません。 そのため、国見城跡の広場が山頂扱いをされています。 大阪の人は金剛山の山頂を大阪府と勘違いをしている人が多い。 頂上は奈良県御所市です。 郵便配達は御所市にある郵便局員がおこなっています。 事件があれば御所署の管轄です。 香楠荘のある、ちはや園地は大阪府千早赤阪村です。 大阪側からは金剛山ロープウェイがありましたが、2021年2月18日、千早赤阪村・村営のロープウェイの村単独での事業運営を断念しました。 村営宿泊施設の香楠荘も令和元年9月1日から休館しています。 葛城二十八宿の経塚は、役行者小角が法華経二十八品を埋納した塚であり、修験道の霊場です。 和歌山の友ケ島から始まり二上山の先まで山脈沿いに広がっており、役行者小角が大峰の道場を構える前に修行をしたところです。 残念ながら、第5・第16・第18・第22など事前の調査が必要なところ、行者以外は入れない第27経塚は個人宅内など、発見は難しい。 道標もありません。

2021年8月21日

 

Windows 11 その後

Windows 11が発表されたのが6月24日だったので、まもなく2か月になる。 最近は情報が落ち着いたのか目立った動きはない。 正式リリースは今年後半というだけでいつかは分からない。 現在使用されているほとんどのデバイスのアップグレードは2022年の前半になる予定である。 システム要件は変わっていないので発売後5年以上になるパソコンはほとんどアップグレードは不可能であろう。 CPUはインテルであれば、最初は第8世代以降であったが、緩和されて第7世代以降である。 例として『Core i7 7700K』である。 最終手段はISOファイルをダウンロードしてレジストリーの書き換えをおこなうことになる。 機能の廃止と削除もあるので、古いパソコンは無理をせず、次の買い替えまでそのままWindows 10を使い続けるのも選択だと思います。 インサイダープレビューで使ってみて、気になったのが次の点である。  ①デザインが変わって、操作方法が変わることである。 スタートボタンが真ん中にある。 左に寄せることも可能である。 気になるので、左端に寄せました。 電源の操作が変更になっています。 右クリックをすれば今までどおりです。 左クリックにするとかなり離れた右隅の電源アイコンまでマウスを移動することになります。 今までの経験が通用しないので慣れるまで致し方ありません。 Windows8でホームボタンを廃止したり、Officeでプルダウンメニューに代えてリボンインターフェースを導入したりと、マイクロソフトはユーザーの『慣れ』を無視することが多い。 今まであったものがどこへ行ったのか探すのに苦労をします。 細かいことですが、タスクバーの日付にカーソルを移動すると曜日が表示されていましたが表示されません。 ②コントロールパネルはよく使うのですが、すぐに出てきません。 仕方がないのでショートカットにしました。 一般的に使わない機能は下の階層に移動したようです。 アプリの一覧は左クリックの後、右上の『すべてのアプリ』をクリックしてようやく次へ進めます。 おすすめが出てきますが、目ざわりで要りません。 ③ゲーミングパソコンを使っているせいで私は気にはなりませんが、性能の低いパソコンでは『動作がもっさりしている』と言われています。 アニメーション効果の影響だと思われます。 動作が遅くなるのは問題なので無理をしてまでWindows 11にアップグレードをする必要はなさそうです。 尚、Windows10のサポート終了は2025年10月14日である。

2021年8月21日

 

ナスの復活

ナスは7月にベト病にかかって病気の葉を切り、剪定を行って薬剤散布をおこなった。 効果があってナスは見事に復活した。 長い間、水不足にも悩まされたが、8月に入ってからの梅雨を思わせる雨で水不足も解消し野菜は元気になった。 心配は今度は日照不足ではないだろうか? 農林水産省のホームページを見ると 今は『にんじん(8月前半)・はくさい・キャベツ・きゅうり・なす』がお買い得のようです。 だいこんは一部の産地で、高温・少雨の影響で生育が遅延傾向である。 ばれいしょ(ジャガイモ)は、平年並みであるが、高温・少雨による干ばつの影響で、小玉傾向である。 おねだんノートを見ても価格は安定している。 果物は桃が去年よりも高い。 昨日は曇りで畑へ行きたかったが、用事があったので家へ帰って来たのがお昼であった。 庭の草引き、庭のトマト・ナス・キュウリの世話をしていたら、畑へ行く時間が無くなっていた。 庭木の剪定をお盆の間におこないたかったが、雨でそのままになっている。 雨の日が続くと朝一番の関心は、いつ晴れの日が来るのだろうかと天気予報を見ることである。

2021年8月17日

 

お盆の墓参り

早いですが、昨日のうちに墓参りをしてきました。 毎月、お墓参りをしているので特にお盆だからということはありません。 墓地の通路が狭いので混むのが嫌というだけの理由です。 それと、初盆の親戚に13日に行くというのもありました。 13日に花を活けていないと忘れているのかとご連絡をいただくこともありました。 花と線香を準備しましたが、大雨で線香に火をつけるのを諦めました。 スポンジで石碑を洗うのも今回はやめました。 広瀬の風習では14・15日は夕方、提灯を持って行って墓で燈します。 一般的に13日が迎え火で、16日は送り火ですが、不思議に思っています。 長らく私はやっていませんので忘れていました。 お盆の期間は8月13日~8月16日が多いそうですが、元々は旧暦の8月13日~8月16日であったようです。 奈良ではお盆にトビウオを食べます。 但し、親が無くなっていると食べません。 これは、1年を二期に分けていたので、盆にも正月とともにその折り目として先祖を迎え、繁栄を祈ったと思われます。 両親がそろい、家族が健康であることは何よりとして祝ったのでしょう。

2021年8月14日

 

漢字変換の変遷

仮名漢字変換は今や当たり前のことになっているが、今から50年ほど前には無かったのである。 1950年代には新聞社などで漢字テレタイプが使われていた。 1970年代に日本語ワードプロセッサが開発された。 1980年代になると価格も20万円を切るものもあらわれたが、家庭用までには普及しなかった。  このころに、パソコンの普及が始まり、1990年代の日本語対応のDOS/Vが搭載されたパソコンが発売された。 家庭にも業務用にもパソコンが広く普及し始めたのは1985年のwindows95であった。 ワープロは2000年には松下電器・その他のメーカーも続けて生産を中止した。 パソコンの漢字変換の入力方法が『IME(Input Method Editor)』である。 初期の頃は誤変換が多かったが徐々に実用に耐えるものになってきた。  新しいIMEが出るたびにワクワクしたものである。 MicrosoftのIMEよりも他社製品を使う事が多かった。 ジャストシステムのATOKは中々人気があった。 一太郎を使わなくてもATOKを買うぐらいであった。 現在はMicrosoftのIMEを使う人が多いと思う。 今は分かりませんが、減っていった原因は単文節変換にあると思われる。  『いつもおせわになっておりますひろせぶっくかふぇです』を入力するときは『いつも おせわに なって おります ひろせぶっくかふぇです』を順に変換するのが単文節変換です。 連文節変換で入力すると『いつもお世話になっております広瀬ブックカフェです』となります。 『ひろせ』は仕方がないですが、変換の具合が全然違います。 早口言葉で『ひがしよしひこのようひしのひょうしのひひょうしゅう』というのがあるのですが、『東義彦の羊皮紙の表紙の批評集』で、これもうまくいきます。  今は日本語入力はIMEといいますが、日本語FEPという言い方もあります。 1980年代のMS-DOSは『日本語入力FEP』と言っていました。 アップルは『IM』と呼び、マイクロソフトは『IME』と呼んでいました。 現在は英語圏のメインフレーム(大型汎用機)の前処理装置のことを『FEP』と言います。

2021年8月12日

 

石鹸

お風呂や洗濯等の石鹸は、ほとんどが液体の製品になっている。 順番に揚げてみるとお風呂はシャンプーもボディソープも液体である。 知り合いに聞くとボディソープではなく、石鹸を使っているそうだ。 離れて住んでいる家族が帰ってくるとボディソープが無いことに驚くそうである。 液体石鹸は固形石鹸を水に溶かして、液体せっけんにしているのではないそうである。 固形石鹸は、油脂を水酸化ナトリウムでけん化してつくり、液体せっけん(ボディソープ)は、脂肪酸を水酸化カリウムで中和して作るそうだ。 洗濯石鹸はほとんどが液体になっている。 少ない量で使いやすいからだと思う。 粉せっけんは湿気に弱く長く置くと固まってしまう事があった。 四国八十八箇所の遍路の時は小分けされた粉せっけんは、旅館で洗濯をするときは便利だった。 液体せっけんは食器洗い、手洗い、ボディケア、シャンプーなどに使われていて、ほとんどが石けん分で、3分の2が水だそうだ。 ところが、洗濯用の洗剤は使用量が非常に多いので、主剤としては無駄が多すぎる。 洗濯用の洗剤は粉石けん・液体せっけんの両方にアルカリ剤が含まれている。 アルカリ剤がないと洗う力が弱く、石けんカスが衣類に残ったり、洗濯槽がカビだらけになるようである。 ところで最近はムースの洗剤が販売されている。 泡切れが良くクリーミーな泡立ちがうたい文句のようである。  シャンプーもムースがある。 私など髪の毛が少ない人や坊主頭にはボディソープでもシャンプー代わりになりそうであるが、頭の表皮にはボディソープは皮が剝がれやすく良くない。 シャンプーの後にリンスは使いませんし、ドライヤーも使いません。

2021年8月12日

 

ブルーベリー

2021年8月6日 バルドウィン

2021年8月6日 パウダーブルー

ブルーベリーは先月から実が熟してきました。 上は、バルドウィンという品種で大粒です。 早速、畑で食べてみましたが、糖度が高く甘い品種です。 まだ、2年生ぐらいなので数が少ないですが、樹勢が強いので来年が楽しみです。 下は、パウダーブルーという品種です。 こちらは、植えて5年になります。 実は大粒で甘味・酸味が程よい味です。 植えて5年になると収穫量も多くなりました。 生で食べるのがいいのですが、収穫量が多くなるとジャムにするのがベターと思います。 とりあえずは、冷凍にしました。

2021年8月10日

 

炊くと煮るの違い

炊くと煮るは、関西と関東では異なる意味になります。 関東では米を調理することだけを『炊く』といいます。 しかし、関西では『ひたひたの水で煮る』ことを『炊く』といいます。 豆や大根、魚のあら煮(あら炊き)も『炊く』といいます。 関西では『調味料と水と材料を一緒に加熱したもの』が『煮る』と呼ばれます。 たっぷりの水で煮る『豚汁』は煮るであって炊くとは言いません。 京都には『炊いたん』があります。 ほかに、『茹でる』があります。 『茹でる』は、沸騰した水で食材を加熱することで基本的には味付けをされません。 英語ではすべて『boil』で通じます。 いつも思うことは日本語の語彙の多さに感心します。 テレビ番組の出演者や若者が何でも言葉に困ったら『ヤバイ』といいますが、もう少し語彙力を高めてほしいと思います。 語彙力は多い少ないではなく、高い低いで表現します。 ビジネスで『ヤバイ』などと言っていたら、教養の無さをさらけ出します。 料理のレポートで『おいしい』とだけ言う人がいますが、残念です。 味の表現ですが、ミツカンの『だしフレーバーホイール』というものがあります。 ここまでこだわる必要は一般的にはありませんが目安になります。 『この肉はオイリーな甘みが後残りして』などというわけです。 食べ物の味の決め手は7割がた香りだそうです。 スモーキー、まろやかな、まとまりのある、軽やか、粉っぽい、コクのあるなどの言葉が出てきます。 朝からカボチャとインゲンを炊いてみました。 あっさりと薄口しょうゆと顆粒和風だしを使います。 みりんと砂糖も入れます。

2021年8月10日

 

アオダイショウ

田舎に住んでいると蛇の『アオダイショウ』はよく見かけます。 縞模様がなく青緑色なので他の蛇とはすぐに見分けが付きます。 昨日ですが、自宅の台所にいたのでドキッとしました。 昔から家の中に住んでいるので、珍しいことではないのですが、気持ちがいいものではないのでほうきを持ってきて行先の方向を変えました。 ネズミを食べてくれるので最近屋根裏が静かになったのはこれが原因かと思います。 以前にネズミ捕りをしましたが、4匹目以降は捕獲できていません。 アオダイショウは毒がありませんので仲良く生活をするのが良さそうです。

2021年8月7日

 

立秋

ことしの立秋は8月7日です。 年によっては8月6日・8月8日もあるようですが、2071年あたりまで8月7日が多いようです。 立秋といっても何か行事をするわけでもないし、暑さは続いています。 台風の影響で昨日から雨が降ったりやんだりを繰り返しています。 晴れ間を見て草引き・草刈りをおこなっています。 早いところは秋野菜が出回りますが、まだまだ夏野菜が中心です。 今年は、失敗をしたと思っていたオクラが6本・実をつけるようになりました。 ゴーヤは失敗したので買ってくるしかありません。 ナスはべと病に感染し農薬を散布しました。 収穫はまだできませんが、葉っぱが増えて秋ナスとして収穫できそうです。 今、おすすめの食べるものは『オクラ』『なす』ではないでしょうか。 オクラは収穫時期を間違えると固くて食べられません。 大きくても人差し指ぐらい(約5cm)が食べごろだと思います。 自家栽培であれば、スーパーで売っているものよりも小さい時に収穫をしたほうが軟らかくて美味しい。 オクラのうぶげが気になる人は塩をまぶして板ずりをすると食べやすくなります。 ほかに、『かぼちゃ』『いんげん』」「ししとう」などが旬の野菜になります。 『かぼちゃ』は6本・種から育てていますが、4個収穫しました。 『かぼちゃ』は割と簡単に栽培できますが、場所を取ります。 梨の木にカボチャのつるがまきついている状態です。 料理としては私は煮物にしますが、天ぷら・焼き物(塩バター・チーズ焼き)も美味しいです。 レンジで加熱し、塩コショウをしてフライパンで焼いた後、バターをつければソテーができます。 ソテーとムニエルは似ているようですが違いがあります。 ソテーは『肉や魚・野菜をバターや油等で炒める西洋料理の調理法。または、その料理』のことです。 『ムニエル』は魚に小麦粉などの粉類をまぶし、バターなどで焼く料理。  ほかに『ポワレ』がありますが、肉または魚の切り身を油でカリッと香ばしくなるまで焼き上げる料理。  カレーを作ることが多いですが、夏野菜を使った野菜カレーもいいですね。

2021年8月7日

 

サルスベリ

夏から秋にかけて長く開花する樹木に『サルスベリ』があります。 約100日間、ピンクの花を咲かせるのが名前の由来だそうです。  一般的に樹高は3m~10mぐらいです。 熊野神社の石碑の傍に昔から見るのですが、3mぐらいで高さが変わりません。 剪定をされていてこの家の庭木かもしれません。 そうかと思うと西方寺の百日紅は10mぐらいあります。 手入れがいいのか花をたくさんつけています。

2021年8月6日

 

アイコ

2021年8月5日 トマト(アイコ)

アイコは果肉が厚く、実の割れが少ないミニトマトです。 丸型ではなくプラム型(長卵型)に特徴があります。 ミニトマトはプチトマトとも言いますが、プティト・トマトが正しい呼び方のようです。 英語ではチェリートマトといいます。 ところが、ミニトマト・プチトマト・チェリートマトに違いがあるようです。 プチトマトはミニトマトの一品種で現在は販売されていません。 チェリートマトは大きさや形がサクランボに似ているので名前が付いたそうです。 これもミニトマトの一品種だそうです。 本来であればミニトマトと呼ぶのが正しいようですが、プチトマトと呼ぶ人も多い。 私はミニトマトとしか言いません。

2021年8月6日

 

ワスレグサ

2021年7月6日 ワスレグサ属 ワスレグサ(ヤブカンゾウ)

 

トマト栽培

月が変わって8月になりました。 昨日は久しぶりにまとまった雨がふりました。 水やりがないのでホッとしているところです。 土が軟らかくなったところでやりたいのが草引きです。 今日はブックカフェへ行きますので作業は明日になります。 家の北側の庭が草だらけになっていますので、出かける前に草引きをしました。 ここには、トマトを植えています。 いつもは育てやすいミニトマトだけですが、ことしは中玉にチャレンジです。 大玉は難しいので作っていません。 何が難しいのかというと芽かきと仕立てではないかと思います。 水や肥料をたくさんやると葉ばかり生い茂り、花がつかないということもあります。 中玉トマトが実ったので初めて食べてみました。 トマトは大きいほうが食べごたえがあります。 ミニトマトはそれなりに小学生でもできるのですが、トマト栽培はベテランが『一番難しい』というぐらいです。 ミニトマトの話になります。 栽培していて人気が高いのは『アイコ』や『とってもアイコ(R)』です。

2021年8月4日

 

干ばつ

梅雨が明けた7月20日頃からまとまった雨が降りません。 昨日は、近くの小川で水汲みをしました。 ポリペール70ℓを4杯分ぐらい運び、野菜・果樹に水まきをしました。 特に、ブルーベリーが元気がありません。 無理をして草引きをするよりも雑草が水不足を助けてくれているような状況です。 ニンジン・ダイコンの種まきができる状態ではありません。 ところで、『日本農業新聞』によると台湾は56年ぶりの干ばつです。 原因は1964年以来初めて台風が上陸せず、降雨量は、地域によっては例年の2~6割りに減少した。 影響は、マンゴー・茶・梅・タマネギの順となっている。 このため、日本から前年の4・3倍に当たる3万7624トンのタマネギを輸入した。 日本は、米国や韓国を抜いて初めて輸入量が1位となった。 輸出は全て北海道からおこなわれており、特にコンテナ航路の多い苫小牧が圧倒的に多いそうである。 生産地は北見市が道内全体の29.2%となっている。 函館税関管内(苫小牧支所を含む)の輸出先は台湾が85.5%、次いで韓国12.4%などとなっている。 日本国内になると6月は主産地である北海道産が出回らなくなるので、中国から輸入しているようである。 台湾の干ばつの話の続きになります。 日本人はあまり知りませんが、台湾に日本人技師・八田與一が建設した烏山頭ダムがあります。 今年ダムの着工100年を祝う式典が台南市でおこなわれました。 不毛だった嘉南平野を穀倉地帯に変えました。 台湾で最も尊敬される日本人として知られています。

2021年7月31日

 

シオカラトンボ

2021年7月29日 長靴の先に止まるムギワラトンボ(シオカラトンボのメス)

トンボの話の続きになりますが、一番馴染みのあるトンボは『シオカラトンボ』だと思います。 イトトンボは見慣れない人には全く見ないトンボですが、シオカラトンボは違います。 どこでもよく見るトンボです。 個人的には日本書紀の『蜻蛉』はシオカラトンボではないかと思います。 ムギワラトンボですが、正式にはシオカラトンボの雌です。 雄も最初は雌と同じ色をしていますが、段々白くなってきます。 童謡の「とんぼのめがね」はシオカラトンボのことだといわれています。 『とんぼのめがねは みずいろめがね あおいおそらを とんだから とんだから とんぼのめがねは ぴかぴかめがね おてんとさまを みてたから みてたから とんぼのめがねは あかいろめがね ゆうやけぐもを とんだから とんだから』 成熟した雄の複眼は深みのある水色になります。

2021年7月30日

 

ハグロトンボ

2021年7月6日  ハグロトンボ

翅が黒いトンボに名前通りのハグロトンボがいます。 地域によっては絶滅危惧種になっているそうですが、山添村では普通に見かけます。 日本には約190種のトンボがいるそうです。 住処によって種類が異なります。 トンボの主な住処は谷川などの渓流にはカワトンボ・ムカシトンボ・オニヤンマなど。 池・水田にはヤンマ・イトトンボなど。 平地の川にはサナエトンボ・オニヤンマなど。 湖にはサナエトンボなど。 ハグロトンボはカワトンボ科のトンボで別名をホソホソトンボといいます。 主に平地から低山地のヨシなどの挺水植物や、エビモ、バイカモなどの沈水植物などが茂る緩やかな流れに生息するトンボです。 オスの腹部が緑色のメタリックなトンボです。 一般にみるトンボは羽を広げて止まりますが、羽をたたんで止まるのも特徴です。 トンボの古名は蜻蛉(あきづ)といいます。 日本の国の古称はあきづしまといいます。 当時は今の日本全体ではなく、大和国の一部です。 日本書紀によると神武天皇は『ホホ間の丘』に登って国見をされ、『妍哉(あなにや)、国を獲つること(なんと素晴らしい国を獲たことか)。内木綿(うつゆふ)の真乍(まさ)き国といえども(狭い国ではあるが)、なお蜻蛉(あきつ)の臀占(となめ=交尾)せる如くあるかな。』。 これにより日本の国号が『秋津島』と名付けられたそうです。 現在の奈良県御所市掖上の国見山あたりといわれています。 万葉集には2首あります。 巻三・376 湯原王宴席: あきづ羽の袖振る妹を玉櫛笥奥に思ふを見たまへ我が君   巻十三・3314 柿本朝臣人麻呂: つぎねふ山背道を人夫の馬より行くに 以下省略 (長歌) 。 トンボの好きな方におすすめが、交野市私市にある大阪市立大学付属植物園にあるトンボ池です。 珍しいトンボがいます。 緑色ではなく青色のイトトンボです。 他に赤トンボです。 狭義ではアキアカネのことをいいます。 通常はアカネ属のことを言いますが、別の種類でショウジョウトンボです。 脚まで赤いので別の種類です。 脚の黒い種類でアカネ属のネキトンボといいます。 今も生息していたらいいですが。。。。

2021年7月27日

 

ウィルス対策ソフトは必要か?

ウィルス対策ソフトは必要か疑問に思う時がある。 Windows8からはWindows defenderがセキュリティ機能としてあって有効である。 会社等でWindowsを使うのであればウィルス対策ソフトは必須かもしれないが、個人使用となると無くてもよいような気がする。 有料のウィルス対策ソフトと言えども完ぺきではない。 有料のソフトであればサポートセンターに問い合わせができるが、Windows defenderは自分で解決をしないといけない。 今まで使っていたウィルス対策ソフトの更新の連絡が来たが、更新をしないことにした。 心配な方はウィルス対策ソフトを入れたらいいが、操作に慣れている人はWindows defenderだけでもいいような気がする。 クレジットカードの番号だけは絶対に入れないようにしている。 ネット通販はコンビニで前払いか着払いにしている。

2021年7月26日

 

梅の天日干し

2021年7月25日 梅の天日干し

梅雨明け後は晴天が続いています。 梅の天日干しは、今日が6日目になります。 現在は2回目で今日の午後には再び漬けます。 明日は、久しぶりに雨が降りそうなので3回目は明後日ぐらいになりそうです。 お昼ごろに裏返して午後4時ごろに日陰になるので取り込みます。 干したてのアツアツのつぶれた梅を食べてみました。 塩加減は問題なさそうです。 赤紫蘇の収穫は8月になりそうです。 赤紫蘇は塩もみをしてあく抜きをして天日干しをします。

2021年7月26日

 

半夏生

2021年7月23日 御杖村 岡田の谷 半夏生

2021年7月23日 御杖村 岡田の谷 半夏生

半夏生の見頃はそろそろ終わりになります。 思い立って御杖村へ行ってきました。 御覧のように白いのは葉っぱです。 『岡田の谷の半夏生園』で検索をすると出てきます。 駐車場から歩いて10分ぐらいです。 集落内は道路が狭いので注意が必要です。 広さは約3000平方メートル(約3反)で40年前は休耕田であったようです。 地主のご厚意で無料で見ることができます。

2021年7月26日

 

雪松の餃子

2021年7月1日 雪松 名張店  交差点の角で手前から右に曲がってすぐに左に入るので中々駐車場に入るのには苦労である。 ずっと昔はコンビニがあった場所である。 道路は4車線化の工事中である。

名張市さつき台に今年の7月にオープンした。 群馬県の水上で創業昭和15年の名店である。 関東を中心に約150店舗以上を展開している。三重には4/29に四日市、5/1に伊勢・伊賀・鈴鹿・松阪がオープンしている。 驚くのは工場に併設の2店舗以外は、全国すべての店舗が無人直売所である。 早速、買ってきて食べたが今までに食べたことがない味で美味しかった。 ネットで調べるとまずいという人もいるが、ニンニクが強めであるのが原因か? 王将のほうがいいとか、人それぞれである。 ニンニクが苦手な人には無理かもしれない。 知り合いに聞くと家ではニンニク無しの餃子を食べるそうである。 子供がニンニク入りの餃子を食べると小学校でいじめにあうそうである。 知り合いは家族がいないとき(お昼)にニンニク入りの餃子を食べていると言っていた。 この人も雪松の餃子が美味しいと言っていた。  餡にはもちろん肉(1%)・キャベツがあるが、ニンニク・ニラ・しょうがなどと秘伝の味付けがされているという。 無人で24時間営業はセキュリティは大丈夫だろうかと心配になったが、防犯カメラはあるようです。 店舗に入ってアルコール消毒をしたあと、ケースから商品を取り出し、料金箱に料金を入れるだけである。 餃子が2段重ねで全部で36個・1000円、タレが1個200円である。

2021年7月22日

 

梅干し・土用干し

梅雨が明けて晴天が4日以上続きそうなので、昨日から天日干しをおこなっている。 レシピは色々あって4日・3日などあるがいつも3日間で作業をおこなっている。 塩が吹いて皮がパリパリになれば仕上がりである。 土用干しをしないという方もおられるが、干したほうが美味しいような気がする。 ところで、ことしの土用の丑の日は7月28日である。  正確には今年は6回あって次のとおりである。 1月17日、1月29日、4月23日、7月28日、10月20日、11月1日となっている。 しかし、一般的には立秋前の丑の日を『土用の丑の日』と呼ぶ。 土用の丑の日にはウナギを食べるという習慣があるが、天然うなぎの旬は秋から冬である。 夏になるとうなぎ屋の売り上げが落ちるので平賀源内が販売促進を考えたわけである。 ことしは1回であるが、2回ある年もある。 2020年は7月21日・8月2日、2022年は7月23日・8月4日である。 土用の丑の日にうなぎを食べる以前は、土用蜆といってしじみを食べるのが習慣であった。 シジミの旬は産卵前の6~7月で、この時期にシジミを味わうのも良いかもしれない。 『うし』に因んで『う』の付く食べ物を食べるのが良いという話もある。 梅干し:クエン酸は疲労回復に効果がある。 牛肉(うし):タンパク質が豊富である。 キュウリやスイカなどの(ウリ):体を冷やす働きがあるので暑さ対策に良い。 うどん:消化吸収に優れていて、産後や胃腸が弱っている時などのエネルギー源となる。 土用の丑の日は冷やしうどんにきゅうりを添えて梅肉だれで食べてみますか。

2021年7月21日

 

熱中症

高温の場所でおこる、熱による障害を総称して熱中症という。 似た言葉に『日射病』『熱射病』がある。 強い直射日光での場合は日射病、締め切った部屋や車の中など、高温でおこれば熱射病というそうである。 水分補給は大事であるが、飲み方にも注意が必要である。 たくさんの量を1回に飲むのではなく、少しずつ回数を多く飲むのが良い。 汗をかくときは、水やお茶だけではなくスポーツ飲料・イオン飲料も合わせて飲むと熱中症の予防になるようである。

2021年7月20日

 

梅雨明け

関西は7月17日ごろに『梅雨明けしたとみられる』と気象庁は発表していた。 畑仕事を再開したが、草刈り・草引きが中心である。 昨日は本格的な夏の暑さで何度も水分補給をした。 苗で買ったミニトマトは余り育たず枯れてしまった。 別の場所に種から育てたミニトマトがあるので問題はない。 ミニトマトの後片付けをしてキュウリの苗を植えた。 苗から得たキュウリの収穫はそろそろ限界のようでまもなく2回目の苗と入れ替えになる。 草刈りが終わった畝は耕して8月にはニンジン・ダイコン・ハクサイの種をまく。 ハクサイは品種にもよるが、種をまく時期が早いと暑さに遭い、遅いと結球しない。 近所の人によると一度に全部をまくのではなく少しずつ時期をずらして種まきをするそうである。 少しの量であれば、苗を買ってきたほうがマシなような気もする。

2021年7月20日

 

漢詩

YouTubeで李姉妹chを見ると漢詩の紹介があった。 漢詩は中国では古詩・唐詩という。 中国の古典といえば唐詩三百首が有名である。 現在の中国においても初等・中等教育で盛んに使用されているようである。 日本人にもよく知られているのが王維、孟浩然、李白、杜甫、白居易等である。 杜甫がいいとか、李白がいいとか人により異なるが紹介されなかった王維を載せてみる。著名な作品としては、つぎの詩である。
【原文】
送元二使安西
渭城朝雨浥輕塵
客舎青青柳色新
勸君更盡一杯酒
西出陽關無故人
【書き下し文】
元二の安西に使するを送る
渭城(いじょう)の朝雨 軽塵(けいじん)を浥(うるお)す
客舎(かくしゃ) 青青 柳色新たにす
君に勧む 更に尽くせ一杯の酒
西のかた 陽関を出づれば故人無からん
【要旨】
友人の元結が西域の安西都護府へ使者となって赴くのを渭城まで送って別離の情を歌った。 玉門関はかつて建設されたシルクロードの重要な関所跡。 同じく南西には陽関が建設され、玉門関が西北ルート、陽関が南ルートの通過点とされていた。
【通訳】
渭城の朝の雨は、あたりをしっとりと湿らせて軽いほこりがたたず、旅籠屋のあたりは青々をとして、柳の新芽が清々しく感じられる。さあどうかもう一杯飲みたまえ。ここから西に進んで陽関を出たならば、もう親しい友人もいなくなるであろうから。

2021年7月18日

 

蝉の分布

昨日は蝉の声を聞きました。 日本の一般的なセミは次の6種類と思われます。  アブラゼミ:ジージリジリジリと鳴きます。羽に色がついている種は世界的に珍しいそうです。夜にも鳴くのでよくわかります。 ミンミンゼミ:ミーン、ミンミンミンミーと鳴きます。高温を嫌うので西日本では山地林に生息しています。 クマゼミ:シャー、シャーまたはシャン、シャンと鳴きます。西日本の都市ではうるさい声です。 ニイニイゼミ:チィーと鳴きます。小型で他のセミよりも割と早く鳴き始めます。 ツクツクボウシ:ツクツクボーシ、ツクツクボーシと鳴きます。柿の木に止まることが多いので、お盆のころに鳴き始めるので柿が実ってきたと感じるわけです。 ヒグラシ:カナカナと鳴きます。鳴くのは日の出前・日の入り後です。 山添村で一番多いのはアブラゼミだと思います。 クマゼミは山添村にはいません。 オノマトペと言って日本語はセミの鳴き声などを人の言語で表現する珍しい言語だそうです。 外国の人には騒音や雑音にしか聞こえないようです。 英語の表現にも無いそうで、外国の人にどうやって説明するのか不思議です。

2021年7月15日

 

山添村ふるさとセンター

2021年7月13日 山添村保険福祉センター

2021年7月13日 ふれあいホール 真ん中が長寿岩 右側の木の向こう側に多目的広場があります。

山添村ふるさとセンターは『ふれあいホール』『保健福祉センター』『多目的広場』『屋内ゲートボール場』等の施設の総称です。遠くに見えるのは伊賀盆地や鈴鹿山脈です。 今日は2回目のコロナワクチン接種を受けに保健福祉センターへ行ってきました。 多目的広場は毎年11月3日にふれあいまつりがおこなわれます。

2021年7月13日

 

夕立

来週あたりには梅雨明けをしそうな天気になってきました。 先週は30分の間に30mmを越えるような大雨で近くの水路が氾濫して後片付けをしていました。 警報は発令されていないがゲリラ豪雨というものでした。『ゲリラ豪雨』という言葉は、マスコミが使う言葉で気象庁では使っていません。 『局地的豪雨』『局地的な大雨』『集中豪雨』というそうです。 雨量が少なければにわか雨、多ければ夕立ち、更に多ければ集中豪雨というのでしょうか? 夕立の時期としては梅雨明け頃から秋雨が始まる頃までを指すようである。 夕立は万葉集にも掲載されています。 巻十・2169 作者未詳『夕立の雨降るごとに春日野の尾花が上の白露思ほゆ』

2021年7月13日

 

草刈りの仕方

日頃、何気なくやっていることですが、刈払機(草刈機)の操作のことです。 7月6日の写真を見ても分かるのですが、左側へ草を寄せています。 知らない人は早いと思って草を往復に刈ろうとしますが、刃が左回転なので右側に振ると切れません。 右側に振った時に草の抵抗で無駄な労力を使うことになります。 少しの草の量なら気にしませんが、一日も作業をすると疲労が違います。 20代のころに始めたときに先輩に教えてもらいました。 また、草がバラバラにならないので後片付けが楽です。 YouTubeで農作業がいろいろ紹介されていて楽しく見ております。 高齢者になるとできるだけ重さが軽いほうがいいです。 排気量が23CCを使っている人が多いですが、21CCというのもあるようです。 先日の自治会の草刈りの時に23CCに外径が255mmの刃を使っている人がいましたが、230mmのほうが安全です。  26CC以上になると255mm・230mmの両方が使えます。 刃数はいろいろありますが、40枚が流行りのようです。 軟らかい雑草には刃数が36枚のほうが良いという方もおられます。 竹や木を切るならば60枚というのもあります。 頻繫に草刈りをする人は、しょっちゅう研いで4枚刃を5・6枚持っていくそうです。 農機具屋のプロ仕様とホームセンターで売っている刈払機は値段だけでなく質も違います。 ゼノアはプロ仕様でエンジンの耐久性が違い6万円はします。 私は安いホームセンター仕様を使っています。 混合ガソリンを使わない燃費の良いホンダの4ストロークもいいですね。

2021年7月10日

 

コロナワクチン接種

私は65歳以上なので、先月に1回目の接種が終わっている。 奈良県内の接種状況をみると人口が多いこともあるが奈良市の接種率が低い。 隣の旧月ヶ瀬村の住民がぼやいていた。 奈良市と合併しなきゃよかったと話していた。 ようやく1回目の接種のようである。

2021年7月8日

 

梅雨の晴れ間

一昨日に草刈りを無理をしてでも終わらせておいて正解であった。 他人に頼んで仕事をやる場合は、安全第一と労働時間が重要である。 二日続きの雨で農作業はできない状態である。 梅雨明けは7月15日以降になりそうである。 この間にやっておきたいのが『ニンジンの種まき』である。 ニンジンは乾燥すると芽が出ないので梅雨明けが良いそうだ。 初めて種まきをしたときは全く芽が出なかった。 原因は土をかぶせる量が多すぎたのと乾燥していたことである。 今日も一日、雨なのでホームセンターへ野菜の種を見に行きます。

2021年7月8日

 

Windows11を使っての感想

7月5日にベータ版を導入して一部の表示が英語のままになっているとかアイコンに見出しがないところがあるなど気になるところがあるが、問題はない。スタートボタンからのアイコンの横並びに戸惑うが慣れればどうのということもない。 電源シャットオフはマウスの右クリックが良さそうだ。左クリックにするとカーソルを右下の隅まで移動が必要なので時間がかかる。 インターネットエクスプローラー11が完全に消えた。 ブラウザーはgoogle chrome を使うことが多いので問題はない。 正式版での変更があると思われるが、一般的な使い方では問題はなさそうである。 印刷をするときにドライバーの不具合が予想されるが、問題なく動いた。 OSのベースがWindows10だと思われるので、大幅な変更では無いような気がする。

2021年7月8日

 

草刈り

2021年7月6日 草刈り前

2021年7月6日 草刈り後

縦が50m、横が20mはあると思います。 見えない奥と右側が傾斜になっています。 正直、暑さで疲れました。 水を2ℓ補給しました。

2021年7月7日

 

ワスレグサ

2014年7月21日 長居公園 ヘメロカリス属 ジョ・ジョ

2014年7月12日 六甲高山植物園 ワスレグサ属 ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)

草刈りをしていたら忘れ草が咲いていました。 キスゲ属・ヘメロカリス属は広い定義ではワスレグサといいます。 ワスレグサにはヤブカンゾウ・ノカンゾウ・ハマカンゾウなどがあります。 写真はそのうちのヤブカンゾウです。 一般的にワスレグサと言われるのはヤブカンゾウのことだと思われます。 ヤブカンゾウとノカンゾウの違いは、ヤブカンゾウが八重咲、ノカンゾウは花弁が6枚です。 ワスレグサの花が一日限りで終わると考えられたのが名前の由来になっています。 実際には翌日も開花するものが多いようです。 反対の意味の名前に忘れな草がありますが、ムラサキ科のワスレナグサ属です。 万葉集 巻3-334 大伴旅人『萱草(わすれぐさ) わが紐に付く 香具山の 故(ふ)りにし里を 忘れむがため』 大宰府に赴いた大伴旅人が故郷への慕情を断ち切りたいとの心情を詠んだ歌です。 身につければ恋しさをわすれさせてくれる草とされています。 古今和歌集にも忘れ草が登場します。 壬生忠岑 『すみよしと 海人は告ぐとも 長居すな 人忘れ草 生ふといふなり』 住吉は住吉大社のあるところで昔はここが浜であった。 長居は住吉大社の東側に長居公園があります。 こちらは、住吉の浜なのでハマカンゾウと思われます。 ヤブカンゾウの若葉は栄養分が多いので食用になります。 ワスレナグサは西洋の花なので日本の古歌には出てきません。 ニッコウキスゲもよく似ていますが、正式にはゼンテイカと言われて高原に咲きます。 日光の霧降高原・霧ヶ峰・尾瀬ケ原などが有名です。 日光の固有種というわけではなく笠萱に似ているので地名を付けたのが全国に広がったそうです。 珍しいわけではなく高原へ行けば普通に見ます。 武奈ケ岳、伊吹山でも見ました。 比良山系の武奈ケ岳には湿地があってニッコウキスゲが咲きます。 ニッコウキスゲの南限地と言われています。

2021年7月7日

 

Windows11 お試し

Intel第2世代のCPUは対象外なのでインサイダープレビューのDEVチャネルから外してクリーンインストールをおこなった。 2025年まではwindows10のサポートは受けられる。 昨年導入のデスクトップパソコンはBIOSを書き換えてTPM2.0を使用可能に変更した。インサイダープレビューをDEVチャネルにすると、Windows11の インサイダープレビュー版のインストールが始まった。Windows10のアプリは問題なく動く。操作の確認はこれからである。 スタートボタンがtaskバーの真ん中にある。 変更ができるので、左端にした。 音量を変えるときなどのクリック音が変わった。 どちらか言うと低音になった。  taskバーの天気や気温はウィジットに入っている。 デスクトップで右クリックすると表示などの変更ができるが、英語の表示になっている。 スタートボタンで左クリックしたときタイルがあったが、完全に消えた。 ピン留め済み、おすすめでアイコンが横並びになっている。 電源のアイコンは見出し無しである。 もちろんスタートボタンで右クリックして『シャットダウンまたはサインアウト』を選択してもよい。 アイコンが変わった。 斜めの表示が正面になった。 レガシー愛好者としてはコントロールパネルが気になるが、今まで通り残っている。 アイコンにカーソルを移動して右クリックした時の一覧表がかわった。 切り取り・コピー・削除・名前の変更がアイコンになり見出しがない。 ショートカットが見当たらない。 他の方法もあるので、問題はない。 今のところ問題なく動いている。

2021年7月6日

 

鱧(ハモ)

京都では高級料理として出されるのが鱧です。 東日本では馴染みが無いかもしれませんが、梅雨明け頃から旬を迎えます。 昔から、祇園祭が終わるまで大阪では鱧が高かったのを覚えています。 それでも、六月ごろから鱧が食べたくなります。 京都の話ばかりになりますが、暑い時期にうなぎ同様に『長いものを食べると精力がつく』と言われています。 現在の流通が発達した時代ではどこでも鮮魚が食べられますが、内陸の京都では新鮮な魚を食べることが困難でした。  瀬戸内海で獲れた鱧は京都まで運んでも生きていたそうです。 普通なら小骨で食べられない鱧を専用の包丁で骨切りをします。 丁寧に切らないと身がボロボロになりますが、熟練した職人は見事にさばきます。 大阪にいたころは、黒門市場に行く居酒屋の主人に話を聞きましたが、鱧の一番おいしいのは韓国産だそうです。 500gぐらいの最高級の鱧は、捕獲されてすぐにプサン港などから関西国際空港へ輸出されます。 鱧は『はもちり』が一般的で酢味噌で食べることが多いですが、個人的には梅肉が合うと思います。  この『はもちり』がややこしいのは、湯引きであって鍋料理ではありません。 ところが、鍋料理にも『はもちり』があってタマネギ・ジャガイモで食べます。 タマネギは淡路島産が合います。 しめはうどんになります。

2021年7月5日

 

Windows11 その後

2021年6月24日(米国時間)にMicrosoftより発表があって、ネットには様々な情報が飛び交っている。 正式リリース前なので不確定な部分も多い。 実際にインサイダープレビューで導入した人の話も載っている。 グラフィックにこだわっているのでそこそこのCPUとグラフィックボードのパワーがないと昔のVistaの時のようなOSが重くてパソコンを買い替えの必要が出てくるのではないかという人もいる。 私は買わなかったがVistaは最悪のOSであった。 長くWindowsXPのパソコンを使い続ける事になった。 昔から、冗談半分であるが一つ置きにOSの外れがあると言われた。 次のwindows7はヒットしたがwindows8はボロクソにいわれたOSであった。 そしてwindows10になり今度は外れの番である。Windows11のハードウェア環境は意外とハードルが高く、現在動いているwindows10のかなりのパソコンは要件がクリアできないと思われる。 現在、半導体が入手困難で新しいパソコンを手に入れるのも大変だと思われる。『●TPMモジュール:バージョン2.0以上のもの』は半導体なので、マザーボードに組み込まれていないとダメである。 いきなりサポートが切れるわけではないので、1年ぐらいは様子を見るのも一つの方法である。 別の情報であるが、『Microsoftからの承認があれば、特別目的の商用システム向けOEMシステム、カスタムオーダー、およびカスタムイメージを持つ顧客システムは、TPMサポートを有効にして出荷する必要はありません』ということで、必須ではないようである。インストールの可否をチェックするアプリは不具合があったとかで、現在はダウンロードができないようです。 ・・・慌てる必要はないのでもう少し待ちましょう。追伸:TPM2.0の回避版は中国やロシア向けだそうです。 これらの国はTPMを禁止しています。 これら以外の何らかの目的のためTPM2.0の回避版が用意されている可能性も考えられるということです。

2021年7月2日

 

 

押すとトップページに移動します

過去のブログ

http://samanjyo2017.starfree.jp/

URLアドレスを変更しました